ごあいさつ

社員の幸せが利用者様の幸せを作り出す

当社は、在宅ケアを基本事業としており、保険を使わないプライベート看護・介護、保険適用の訪問看護、訪問介護の3つの大きな柱があります。住み慣れたご自宅・施設でケアを受けたいという方のご要望に応え、実際に利用者様のご自宅を訪問してケアを実施します。在宅と病院との大きな違いは、利用者様と1対1で関わることにあります。自宅でご家族に囲まれながら、安心してケアを受けたい。最期の時間を家族と一緒に過ごしたい。そういった方々が笑顔になっていただく、その一助となるのが我々の仕事です。


当社が求める人財は、利用者様のことを自分の家族のように思い、心配り、気配りができる方です。そのためには経験を積み重ねる必要がありますが、必要なのは経験だけではありません。人を幸せにするには、まず本人が幸せである必要があります。「働く仲間が幸せでないと良いケアはできない」というのが私たちの考え方です。そのためにも私が創業当時から行っているのが、一緒に働くみなさんの休み希望を100%叶えることです。お子さんがいる方は、学校行事には絶対に参加してほしいですし、小さいうちに旅行にもたくさん行ってほしい。その時期にしか経験できないことは、時間を戻してやり直すことはできないのですから。


会社の一番の財産は「人」です。そしてこの「人」が当社の一番の魅力です。利用者様に対してはもちろん、一緒に働くスタッフに対しても心のこもった接し方をしてくれます。たとえ訪問してケアをするのが初めての方でも、仲間が手厚くフォローいたしますので、ご安心ください。ご自分を含め、関わる人が幸せになることを願う、そんな思いを持っている方を心よりお待ちしています。

代表取締役社長 伊藤 一弘

share!

expand_less