shares
新規会員登録 │ ログインログイン
新規会員登録 │
  • facebookいいね
  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINE
シェア数 shares
対談
青山学院大学経営学部教授 山本寛

山本 寛

Hiroshi Yamamoto

青山学院大学経営学部

教授

1957年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。銀行等勤務、大学院を経て現職。博士(経営学)。『なぜ、御社は若手が辞めるのか』など著書多数。

株式会社プレシャスパートナーズ	専務取締役CSO 矢野 雅

矢野 雅

Masaya Yano

株式会社プレシャスパートナーズ

専務取締役兼CSO

1980年生まれ。中央大学法学部卒。株式会社プレシャスパートナーズの設立メンバーとして1000社を超える企業の採用支援に携わる。


辞めていく社員たち…
雇用のミスマッチはなぜ起こるのか!【前編】

採用市場は超がつくほどの売り手市場で、企業の採用難が深刻な問題となっています。そんな中、せっかく採用できた人材が早期離職するケースも少なくありません。その大きな原因が、雇用のミスマッチ。企業側はいかにして雇用のミスマッチをなくし、社員の定着率を高めていくべきなのでしょうか。『なぜ、御社は若手が辞めるのか』の著者・山本寛教授(青山学院大学)と1000社を超える採用支援実績のある矢野雅専務取締役CSO(株式会社プレシャスパートナーズ)が迫ります。

若者はなぜ、会社を辞めてしまうのか…。

「社員が辞めてしまう会社」の特徴に迫る

対談写真01
山本
社員が辞めてしまう会社の特徴でまず挙げられるのが、働きにくい会社です。今や「働き方改革をやっていない」なんて言えないほど、多くの企業が働きやすさの向上に取り組んでいます。そのような時代ですので、働いている人だけでなく、大学生や高校生までもが「残業」や「休暇」というワードに敏感になり、労働時間や休日日数に対する要求水準が非常に高まっていると感じます。
矢野
長時間労働の解消は働き方改革の3本柱のひとつに挙げられていますし、是正しなければならないものだと思います。また、ワークライフバランスが叫ばれるなか、休暇の取得もトレンドのひとつですからね。その他に、職場の働きにくさを助長しているものはありますか?
山本
もちろん、収入面も外せないでしょう。例えば、規模が同程度の同業他社や同じ地域の企業と比べて給与額が低いことが、転職を考える要因になっていると思います。逆に、同業他社よりも高い収入を与えた場合、離職率の低下は顕著です。
矢野
時間と給与は働くうえで切っても切り離せない条件ですからね。このふたつの要因の優先順位を下げてしまい、社員に無理を強いて売上だけに執着する会社が“社員が辞めてしまう会社”という位置づけといえるのでしょうね。
山本
はい。結局、会社の業績はいいのに、社員たちにまったく還元されていないとか、会社の利益が不明瞭な使い方をされてしまうようでは、会社への不信感が芽生えてしまいます。情報をしっかりと社員たちに公開をして、“タテのコミュニケーション”を築くことは非常に大事だと思います。それに、今の時代は隠そうと思っても隠せない環境にはなっていますので。
矢野
隠そうと思っても隠せない環境というのは、SNSなどの存在によるものですか。
山本
その通りです。先ほどの時間や収入を例にすると、「残業が長い」「休めない」「給料が安い」といったSNSでの一言がすぐに拡散してしまう恐れがあります。ましてや企業で数年勤めていれば社内のことが割とはっきり見えてきます。社員に隠し続けることは非常に難しいと思いますね。
矢野
おっしゃる通りですね。ところで、時間と収入は働く上で絶対に外せない要素だと思いますが、経営基盤が整っていない企業や、起業したばかりのスタートアップ企業などは体力的に乏しいため、働き方改革に取り組みたいという想いがあっても、なかなか手が出せない企業が多く存在します。そのような企業でも働きやすい環境を整えられる有効策はありますか。
山本
まずは理念や行動規範をしっかりと打ち出すことです。理念や行動規範というものはどこか抽象的で、どの企業も似たような内容だと思っている学生も実際には多いようなのですが、そこに企業の経営者が魂を込めて、社員の働きやすさを追求することをはっきりと明文化し、社内外に発信していくべきだと思います。
矢野
それはとても共感できるところで、私たちが運営する『アールエイチナビ』は経営者の想いを伝えることを軸にしており、経営者の考え方や経営理念に共感した人財とのマッチングを支援しています。しかし、ただ打ち出すだけでは形骸化してしまう恐れもあります。働きやすさを実現するには、もう一歩踏み込んでいく必要性もありそうですね。
山本
はい。もちろん、打ち出して終わりではなく、理念や行動規範に結びついた取り組みを実際に行い、働きやすさを高めていくことは不可欠です。同時に、新入社員や若手社員に対して上司や先輩がうまく“翻訳”をして伝えられると、企業理念が会社全体に浸透しやすいと思います。
シェア数 shares
  • ノートン
  • プライバシー
page top