shares
新規会員登録 │ ログインログイン
新規会員登録 │
  • facebookいいね
  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINE
失敗談失敗談

失敗から学ぶ転職術

失敗談#02転職編

先人たちを反面教師に!転職活動でありがちな 失敗談をご紹介

転職活動には、学生時代の就職活動とは違った落とし穴がたくさん潜んでいます。今回は転職者が味わってきた数々の失敗エピソードをご紹介!

どんなに経歴が立派で経験豊富でも、ほんの小さな失敗によってその後の選考に影響を及ぼすこともあります。失敗しやすいポイントを確認して、転職活動に生かしてください。

失敗から学ぶ転職術
シチュエーションその1応募~面接前編
失敗アイコン 面接をダブルブッキング…スケジュール管理が肝心
複数社の面接がまさかの同時刻に。チャンスを逃したくなくて、むやみやたらと詰め込み過ぎました。

現在お勤めの会社での仕事をこなしながら転職活動するとなれば多忙になるのは必至。そのため、スケジュール管理は欠かせません。アプリやツールを活用しましょう。面接日程の再調整は可能ですが基本1回まで。

失敗アイコン 前夜、仕事の付き合いで痛飲。二日酔いで面接へ
仕事の付き合いで断れず、終電まで飲んだくれ。翌朝、激しい頭痛と吐き気に襲われたまま面接を受けました。

面接前の体調管理は鉄則。面接官の質問に対して的確に答えるためにはベストコンディションで臨むことは欠かせません。どうしても避けられない場合は、適量に抑えましょう。二日酔いになるほどの深酒は言語道断!

失敗アイコン 転職活動が会社にバレた!次が決まる前に退職しました
転職活動していることを上司に気づかれました。途端に居心地が悪くなり、次の会社が決まる前に辞めることに。

転職活動をしていることが現在お勤めの会社に知られると「不満のある人間」の烙印を押され、働きづらくなることも。無理に隠さず、上司との話し合いの場を設け、キャリアアップしたい想いを打ち明けることも一手。

シチュエーションその2面接編
失敗アイコン 履歴書に虚偽記載をしたらすぐにバレました
実務経験がないのに「経験あり」と嘘の記載。面接で突っ込まれ、あっという間に見破られて不採用。

「自分を良く見せたい」と思うのは当然のこと。しかし嘘は断じてNG!仮に入社できても後々発覚すれば大問題に発展し、解雇されることもあります。職務経歴や過去の経験・実績は正直に記載することがルールです。

失敗アイコン 面接でビジネスマナー違反。面接官は冷めた笑み
ニンニク料理を食べて気合をつけてから面接へ。ところが臭いが強烈だったらしく、面接官はハンカチで鼻を押さえる始末。

新卒とは違って社会人経験を少なからず積んでいるのが転職組の特徴。ある程度のビジネスマナーを守らなければ、どれだけ優秀な方でも当然マイナスです。最低限のマナーを確認してから面接に臨みましょう。

失敗アイコン 面接官が明らかに年下。横柄な態度をとってしまい…
会場に現れた面接官が明らかに年下だったので、 ついつい“上から目線”で回答してしまい不採用に。

面接官がいくら年齢が下でも、その企業の看板を背負った面接官であることに変わりありません。ビジネスシーンで、お得意様が年下だったら横柄な態度をとるでしょうか?面接官はそういった部分も評価しています。

失敗アイコン 面接中に会社の愚痴。面接官は上司の知り合いだった
面接で会社に対する不満をぶちまけた直後、面接官から「御社のAさんとは知り合いで…」と上司の名前が出てしどろもどろに。

「世界は狭い」とはよく言ったもので、他人同士と思っていた人がどこかでつながっていることは珍しくありません。面接時に現在お勤めの会社の悪口を言うこと自体、マイナス評価につながります。注意しましょう!

シチュエーションその3内定~入社後編
失敗アイコン 退職交渉がうまくいかず、入社日に間に合わない…
内定受諾時に入社日を即答。ところが、退職交渉が難航して辞めるに辞められず。結局、入社は先延ばしに。

退職交渉では強い引き留めにあうなど、うまくいかないケースが多いです。そのため、内定をもらってすぐに入社日を伝えるのは避けるべき。円満退社をして新天地に向かうためにも入社日は1~2ヵ月ほどの余裕を。

失敗アイコン 転職初日の悲劇「えっ、こんな会社だったの?」
出社初日、たった数時間で私とは全然合わない社風だったことが判明。明らかに企業研究が足りませんでした。

明らかにミスマッチです。入社後に「こんなハズでは…」と思わぬよう企業研究を十分しましょう。採用ホームページを活用する企業も多いので、社員インタビューなどを読んで自分に合う企業なのか吟味を!

失敗アイコン 隣の芝生は青い!やっぱり前の会社がよかった
前職の仕事がつらくて転職。しかし新たな職場 での仕事は物足りず…今になって以前の会社の良さを実感しています。

転職は逃げるためのものではなく、キャリアアップするためのものです。「転職したい」と思った時が、自分自身と会社を見つめ直すチャンス。自分のキャリアアップになると判断できたら「転職」に踏み切りましょう。

シチュエーション1 応募~面接前編

  • 失敗アイコン
    複数社の面接がまさかの同時刻に。チャンスを逃したくなくて、むやみやたらと詰め込み過ぎました。
  • 現在お勤めの会社での仕事をこなしながら転職活動するとなれば多忙になるのは必至。そのため、スケジュール管理は欠かせません。アプリやツールを活用しましょう。また、面接日程の再調整は可能ですが基本1回まで。

  • 失敗アイコン
    仕事の付き合いで断れず、終電まで飲んだくれ。翌朝、激しい頭痛と吐き気に襲われたまま面接を受けました。
  • 面接前の体調管理は鉄則。面接官の質問に対して的確に答えるためにはベストコンディションで臨むことは欠かせません。どうしても避けられない場合は、適量に抑えましょう。二日酔いになるほどの深酒は言語道断です。

  • 失敗アイコン
    転職活動していることを上司に気づかれました。途端に居心地が悪くなり、次の会社が決まる前に辞めることに。
  • 転職活動をしていることが現在お勤めの会社に知られると「不満のある人間」の烙印を押され、働きづらくなることも。無理に隠さず、上司との話し合いの場を設けて、キャリアアップしたい想いを打ち明けることも一手。

シチュエーション2 面接編

  • 失敗アイコン
    実務経験がないのに「経験あり」と嘘の記載。面接で突っ込まれ、あっという間に見破られて不採用。
  • 「自分を良く見せたい」と思うのは求職者ならば当然のこと。しかし嘘は断じてNG!仮に入社できても後々発覚すれば大問題に発展し、解雇されることもあります。職務経歴や過去の経験・実績は正直に記載することがルールです。

  • 失敗アイコン
    ニンニク料理を食べて気合をつけてから面接へ。ところが臭いが強烈だったらしく、面接官はハンカチで鼻を抑える始末。
  • 新卒とは違って社会人経験を少なからず積んでいるのが転職組の特徴。ある程度のビジネスマナーを守らなければ、どれだけ優秀な方でも当然マイナスです。最低限のマナーを確認してから面接に臨みましょう。

  • 失敗アイコン
    会場に現れた面接官が明らかに年下だったので、 ついつい“上から目線”で回答してしまい不採用に。
  • 面接官が自分よりいくら年齢が下でも、その企業の看板を背負った面接官であることに変わりありません。ビジネスシーンで、お得意様が年下だったら横柄な態度をとるでしょうか?面接官はそういった部分も評価しています。

  • 失敗アイコン
    面接で会社に対する不満をぶちまけた直後、面接官から「御社のAさんとは知り合いで…」と上司の名前が出てしどろもどろに。
  • 「世界は狭い」とはよく言ったもので、他人同士と思っていた人がどこかでつながっていることは珍しくありません。また、面接時に現在お勤めの会社の悪口を言うこと自体、マイナス評価につながります。注意しましょう!

シチュエーション3 内定~入社後編

  • 失敗アイコン
    内定受諾時に入社日を即答。ところが、退職交渉が難航して辞めるに辞められず。結局、入社は先延ばしに。
  • 退職交渉では強い引き留めにあうなど、うまくいかないケースが多いです。そのため、内定をもらってすぐに入社日を伝えるのは避けるべき。円満退社をして新天地に向かうためにも入社日は1~2ヵ月ほどの余裕を。

  • 失敗アイコン
    出社初日、たった数時間で私とは全然合わない社風だったことが判明。明らかに企業研究が足りませんでした。
  • 明らかにミスマッチです。入社後に「こんなハズでは…」と思わぬよう企業研究を十分しましょう。採用ホームページを活用する企業も多いので、社員インタビューや取り組みなどを見ながら自分に合う企業なのか吟味を!

  • 失敗アイコン
    前職の仕事がつらくて転職。しかし新たな職場 での仕事は物足りず…今になって以前の会社の良さを実感しています。
  • 転職は逃げるためのものではありません。キャリアアップするためのものです。「転職したい」と思った時が、自分自身と会社を見つめ直すチャンス。自分のキャリアアップになると判断できたら「転職」に踏み切りましょう。

page top