shares
失敗談失敗談

失敗から学ぶ就活術

失敗談#01就活編

人の振り見て我が振り直せ?就活でありがちな失敗談をご紹介

初めての就活には、ついついはまってしまう落とし穴がたくさん!これまでも多くの先輩方が色々な失敗を乗り越えてきました。そんな数々の失敗談を一挙ご紹介!

ほんの小さな失敗が今後の選考に影響を及ぼすことも!?今一度失敗しやすいポイントを確認し、今後の就活に活かしましょう。

失敗から学ぶ就活術
会社説明会編
失敗アイコン 会社説明会で居眠り!人事と目が合いヒヤリ
日頃の疲れでついウトウト。顔を上げると人事担当がこっちを見ていて焦りました。

居眠りは絶対NG!無理なスケジュール組みは疲労の原因です。体調管理に要注意。もし眠気に襲われてしまったらブラックコーヒーやミント系のガム、タブレットを会社説明会前に摂取しましょう。

失敗アイコン 会場を間違えて大遅刻!本社開催とは限らないので注意
てっきり本社開催だと思っていた説明会。行ってみたら別のビルの貸会議室でした。

会社説明会は必ずしも本社で行われるとは限りません。本社や支社近くの貸会議室やオフィスと同じビルに入っている共有の会議室で行われる場合もあります。必ず選考案内の内容をチェックしましょう。

面接/選考編
失敗アイコン 緊張のあまり頭が真っ白に!終始しどろもどろに
準備万端で臨んだ面接。しかし緊張し過ぎて言いたい内容がすべて飛びました。

面接はお互いのことを知るための場。覚えたことを発表するイメージではなく、面接官と会話をするよう心がけると緊張も少しずつ解けていきますよ。面接官の質問にも慌てず、質問の意図を理解した上で答えましょう。

失敗アイコン 「短所は内気な所です!」正直過ぎてフォローできず
自分の短所を正直に答えてしまい、面接官にも心配されてしまいました。

短所や失敗談に関する質問では、マイナスから挽回していく内容が重要です。どのような課題に対し、どう改善し、自分がどう変わったのか具体的なエピソードを含めながらアピールしましょう。

失敗アイコン 面接の要は自己PRでしょう!力み過ぎて独壇場に…
一方的に話し過ぎてしてしまい、支離滅裂な自己PRに。むしろ逆効果でした。

自己PRに関する質問は、これまでの経験や実績をPRする絶好のチャンス!しかし、相手の質問や興味を無視して話し続けてしまうと逆効果です。エピソードは簡潔にまとめ、質問する余地を作るのもひとつの技術です。

失敗アイコン 社長の名前が答えられない!基本を調べ忘れ痛恨のミス
企業の基本情報を答えられず、面接官に志望度を疑われてしまいました。

少し調べればわかることがわからないということは「この人は事前に調べてきてくれていないのかな?」と思われてしまっても仕方ありません。面接の前には必ずホームページや採用ホームページを調べておきましょう。

失敗アイコン 感極まって涙がポロリ…面接官は引いていました
挫折経験を語っていたらつい泣いてしまい、これには面接官も苦笑いでした。

これまでに辛いことや大変なことがたくさんあったことはお察しします。しかし、面接では常に冷静な判断を心がけましょう。熱意を伝えることも大切ですが、泣いてしまっては面接官も困惑してしまいます。

失敗アイコン 選考一体型の会社説明会に参加し、予定総崩れ
説明会後に選考があることを忘れ、その後のスケジュールがすべてキャンセルに。

会社説明会と一次選考が一体となっている企業もあります。その場合、2時間~3時間ほどの長丁場になることも。選考の順番によっては時間が前後する場合もありますので、余裕を持ったスケジュールを組みましょう。

番外編
失敗アイコン 携帯の電波が悪く聞き取れず、何度もかけ直すことに…
電波が悪く、何度もかけ直してしまい、担当者の方に迷惑をかけてしまった。

電波が悪いときはこちらだけが聞こえず、企業側は通じている場合もあるので「電波が悪いため、一度切らせていただきます」と伝えてから電話を切りましょう。その後、電波の良い場所へ移動し、かけ直します。

失敗アイコン 面接中に大音量でアラームが!一気に場が白けました…
面接後、アラームの場合は自動的にマナーモードが解除されることを知りました。

面接官にとって着信音もアラームも同じです。知らなかったとはいえ印象は良くありません。面接や会社説明会の前には携帯の電源を切り、鞄の中にしまいましょう。

失敗アイコン 見知らぬ番号から不在着信。なんと選考中の企業だった
企業からの電話だと知らず、数日間折り返しもせずに無視してしまいました。

就活中は様々な企業から連絡があります。知らない番号でも必ず折り返しをしましょう。また、留守番電話を設定しておけば夜間でも用件を確認し、翌日に折り返しの連絡ができるので便利です。

POINT1 会社説明編

  • 失敗アイコン
    日頃の疲れでついウトウト。顔を上げると人事担当がこっちを見ていて焦りました。
  • 居眠りは絶対NG!無理なスケジュール組みは疲労の原因です。体調管理に要注意。もし眠気に襲われてしまったらブラックコーヒーやミント系のガム、タブレットを会社説明会前に摂取しましょう。

  • 失敗アイコン
    てっきり本社開催だと思っていた説明会。行ってみたら別のビルの貸会議室でした。
  • 会社説明会は必ずしも本社で行われるとは限りません。本社や支社近くの貸会議室やオフィスと同じビルに入っている共有の会議室で行われる場合もあります。必ず選考案内の内容をチェックしましょう。

POINT2 面接・選考編

  • 失敗アイコン
    準備万端で臨んだ面接。しかし緊張し過ぎて言いたい内容がすべて飛びました。
  • 面接はお互いのことを知るための場。覚えたことを発表するイメージではなく、面接官と会話をするよう心がけると緊張も少しずつ解けていきますよ。面接官の質問にも慌てず、質問の意図を理解した上で答えましょう。

  • 失敗アイコン
    自分の短所を正直に答えてしまい、面接官にも心配されてしまいました。
  • 短所や失敗談に関する質問では、マイナスから挽回していく内容が重要です。どのような課題に対し、どう改善し、自分がどう変わったのか具体的なエピソードを含めながらアピールしましょう。

  • 失敗アイコン
    一方的に話し過ぎてしてしまい、支離滅裂な自己PRに。むしろ逆効果でした。
  • 自己PRに関する質問は、これまでの経験や実績をPRする絶好のチャンス!しかし、相手の質問や興味を無視して話し続けてしまうと逆効果です。エピソードは簡潔にまとめ、質問する余地を作るのもひとつの技術です。

  • 失敗アイコン
    企業の基本情報を答えられず、面接官に志望度を疑われてしまいました。
  • 少し調べればわかることがわからないということは「この人は事前に調べてきてくれていないのかな?」と思われてしまっても仕方ありません。面接の前には必ずホームページや採用ホームページを調べておきましょう。

  • 失敗アイコン
    挫折経験を語っていたらつい泣いてしまい、これには面接官も苦笑いでした。
  • これまでに辛いことや大変なことがたくさんあったことはお察しします。しかし、面接では常に冷静な判断を心がけましょう。熱意を伝えることも大切ですが、泣いてしまっては面接官も困惑してしまいます。

  • 失敗アイコン
    説明会後に選考があることを忘れ、その後のスケジュールがすべてキャンセルに。
  • 会社説明会と一次選考が一体となっている企業もあります。その場合、2時間~3時間ほどの長丁場になることも。選考の順番によっては時間が前後する場合もありますので、余裕を持ったスケジュールを組みましょう。

POINT3 番外編

  • 失敗アイコン
    電波が悪く、何度もかけ直してしまい、担当者の方に迷惑をかけてしまった。
  • 電波が悪いときはこちらだけが聞こえず、企業側は通じている場合もあるので「電波が悪いため、一度切らせていただきます」と伝えてから電話を切りましょう。その後、電波の良い場所へ移動し、かけ直します。

  • 失敗アイコン
    面接後、アラームの場合は自動的にマナーモードが解除されることを知りました。
  • 面接官にとって着信音もアラームも同じです。知らなかったとはいえ印象は良くありません。面接や会社説明会の前には携帯の電源を切り、鞄の中にしまいましょう。

  • 失敗アイコン
    企業からの電話だと知らず、数日間折り返しもせずに無視してしまいました。
  • 就活中は様々な企業から連絡があります。知らない番号でも必ず折り返しをしましょう。また、留守番電話を設定しておけば夜間でも用件を確認し、翌日に折り返しの連絡ができるので便利です。

ページトップへ