HOME > 事業紹介

特別養護老人ホーム フレスコ浅草の運営

フレスコ浅草は、2016年に開設した特別養護老人ホームです。佐々木医院との強い協力体制により、いつでも誰でもが安心できる時間・環境を提供しており、常勤の医師を配置し、万全の医療体制を整備しています。

 

・博愛の精神に基づいた介護と予防医学を実践し、ご利用者様が健康に長寿を全うできるよう支援します。

・ご利用者様の“それまで”を詳しく知ることにより、“これから”がより豊かで充実したものとなるようユニットケアを実践します。

・ご利用者様、ご家族様、地域の方々に安心を提供できる施設運営を目指します。

 

上記の3つを施設理念に掲げ、ご利用者様を人生の大先輩として捉え、尊厳を守り、フレスコ浅草で生活ができて良かったと思って頂けるような生活環境を提供していきます。ご利用者様一人ひとりの生活歴や自分史を大切にし、ご利用者様の物語が、より素晴らしいものになるよう、より添う心を持ってサービスを発想して実践します。

 

 

【ユニット型ケア】

「ユニットケア」とは、自宅に近い環境の介護施設において、他の入居者や介護スタッフと共同生活をしながら、入居者一人ひとりの個性や生活リズムに応じて暮らしていけるようにサポートする介護手法のことを指します。

「ユニットケア」の最大の特徴は、入居者個人のプライバシーが守られる「個室」と、他の入居者や介護スタッフと交流するための「居間」(共同生活室)があることです。入居者10人前後を一つの「ユニット」として位置づけ、各ユニットに固定配置された顔なじみの介護スタッフが、入居者の個性や生活リズムを尊重した暮らしをサポートします。

 

【ショートステイ】

短期入所生活介護は、利用者が可能な限り自宅で自立した日常生活を送ることができるよう、自宅にこもりきりの利用者の孤立感の解消や心身機能の維持回復だけでなく、家族の介護の負担軽減などを目的として実施します。 ご利用できる期間として短期入所生活介護(ショートステイ)の連続利用日数は30日までです。ご利用できる対象者として、利用者の方の状況や病状が悪い場合や家族(介護者)の疾病、冠婚葬祭、出張、また家族(介護者)の身体的・精神的負担の軽減があげられます。

 

フレスコ浅草が目指すもの

・地域に貢献できる施設でありたい

地域の方々にも開かれた施設であるために、介護者教室、介護相談会、イベントなどでの地域開放、ボランティアの受け入れ等、積極的に行っていきます。台東区は、たくさんのイベントが開催される地域です。そのようなイベントにフレスコ浅草は積極的に参加し、地域の方々と共に喜びを分かち合いたいと考えています。


・職員を大切にします

フレスコ浅草は、職員が定年退職まで一生勤め続けられる職場環境を作ります。職員の体調管理やプライベートの充実を考え、年間公休は120日。また、夜勤の精神的なストレスを軽減するために、夜勤時の実働時間は8時間となっております。職員一人一人に、細かなキャリアパスを示し、しっかりと目標が持つことができるよう人材育成をしてまいります。

TOP
社会福祉法人 フレスコ会

 

特別養護老人ホーム フレスコ浅草の運営

フレスコ浅草は、2016年に開設した特別養護老人ホームです。佐々木医院との強い協力体制により、いつでも誰でもが安心できる時間・環境を提供しており、常勤の医師を配置し、万全の医療体制を整備しています。

 

・博愛の精神に基づいた介護と予防医学を実践し、ご利用者様が健康に長寿を全うできるよう支援します。

・ご利用者様の“それまで”を詳しく知ることにより、“これから”がより豊かで充実したものとなるようユニットケアを実践します。

・ご利用者様、ご家族様、地域の方々に安心を提供できる施設運営を目指します。

 

上記の3つを施設理念に掲げ、ご利用者様を人生の大先輩として捉え、尊厳を守り、フレスコ浅草で生活ができて良かったと思って頂けるような生活環境を提供していきます。ご利用者様一人ひとりの生活歴や自分史を大切にし、ご利用者様の物語が、より素晴らしいものになるよう、より添う心を持ってサービスを発想して実践します。

 

 

【ユニット型ケア】

「ユニットケア」とは、自宅に近い環境の介護施設において、他の入居者や介護スタッフと共同生活をしながら、入居者一人ひとりの個性や生活リズムに応じて暮らしていけるようにサポートする介護手法のことを指します。

「ユニットケア」の最大の特徴は、入居者個人のプライバシーが守られる「個室」と、他の入居者や介護スタッフと交流するための「居間」(共同生活室)があることです。入居者10人前後を一つの「ユニット」として位置づけ、各ユニットに固定配置された顔なじみの介護スタッフが、入居者の個性や生活リズムを尊重した暮らしをサポートします。

 

【ショートステイ】

短期入所生活介護は、利用者が可能な限り自宅で自立した日常生活を送ることができるよう、自宅にこもりきりの利用者の孤立感の解消や心身機能の維持回復だけでなく、家族の介護の負担軽減などを目的として実施します。 ご利用できる期間として短期入所生活介護(ショートステイ)の連続利用日数は30日までです。ご利用できる対象者として、利用者の方の状況や病状が悪い場合や家族(介護者)の疾病、冠婚葬祭、出張、また家族(介護者)の身体的・精神的負担の軽減があげられます。

 

フレスコ浅草が目指すもの

・地域に貢献できる施設でありたい

地域の方々にも開かれた施設であるために、介護者教室、介護相談会、イベントなどでの地域開放、ボランティアの受け入れ等、積極的に行っていきます。台東区は、たくさんのイベントが開催される地域です。そのようなイベントにフレスコ浅草は積極的に参加し、地域の方々と共に喜びを分かち合いたいと考えています。


・職員を大切にします

フレスコ浅草は、職員が定年退職まで一生勤め続けられる職場環境を作ります。職員の体調管理やプライベートの充実を考え、年間公休は120日。また、夜勤の精神的なストレスを軽減するために、夜勤時の実働時間は8時間となっております。職員一人一人に、細かなキャリアパスを示し、しっかりと目標が持つことができるよう人材育成をしてまいります。

top

社会福祉法人 フレスコ会