HOME > 職員の声 > ユニットリーダー 山本 和

心がけていること
私は、起床介助や食事介助、排泄介助といった入居者様の生活サポートを行う通常業務に加え、ユニットリーダーとして、ユニット職員やフロアで働いている職員のシフト作成や指導を行っています。仕事をするうえでは、職員一人ひとりの個性を見て指導を行うように心がけています。職員によって介護に対する考え方も違いますし、仕事に対する得手不得手もあります。得意なことは伸ばし、不得意なことは克服できるように、個人に合った仕事を与えるようにしています。
やりがいを感じること
入居者様が私と会うのを楽しみにしてくださっていることです。私の顔を覚えてくださって「今日はいてくれるのね」と言ってもらえると、自分はこの方と関わって良い影響を与えることができたのだと嬉しくなります。やりがいを感じるとともに、「もっとこうしたい」という気持ちが湧いてくるんです。
仕事の大変さ
入居者様の細かい変化にきちんと気付いて対応することです。その変化を見逃してしまうと、転倒などの事故に繋がる可能性もあります。私は約5年間介護の仕事に携わっていますが、まだ知識が足りないと感じることが多く、入居者様に対してきちんと支援ができていない部分があります。入居者様の変化に敏感に気付けるように、日々勉強しながら職務に励んでいます。
フレスコ会の魅力
施設長や副課長といった目上の方が、近い距離で接してくださることです。気軽に声をかけてくださいますし、相談もしやすいです。堅苦しさがなく、色々とフォローしてくださるのでとても働きやすい職場だと思います。また、施設がある場所は公園や商店街が近く、入居者様が外に出かけやすいので、ケアを行う上でもよい環境が整っていると思います。
今後のビジョン
私は入社半年で、希望していたリーダー職に就かせていただきました。その他にも、来年度に向けた新卒採用チームのメンバーに選んでいただいたり、レクリエーションの担当を任せていただいたりと、様々な業務に携わることができています。これらの業務を私に任せても大丈夫と判断していただけたことは嬉しいですし、色々な経験ができているので、自分の引き出しを増やすことができます。これからも自分の仕事の幅をもっと広げて、多くのことを学びたいです。
TOP
社会福祉法人 フレスコ会

 

心がけていること
私は、起床介助や食事介助、排泄介助といった入居者様の生活サポートを行う通常業務に加え、ユニットリーダーとして、ユニット職員やフロアで働いている職員のシフト作成や指導を行っています。仕事をするうえでは、職員一人ひとりの個性を見て指導を行うように心がけています。職員によって介護に対する考え方も違いますし、仕事に対する得手不得手もあります。得意なことは伸ばし、不得意なことは克服できるように、個人に合った仕事を与えるようにしています。
やりがいを感じること
入居者様が私と会うのを楽しみにしてくださっていることです。私の顔を覚えてくださって「今日はいてくれるのね」と言ってもらえると、自分はこの方と関わって良い影響を与えることができたのだと嬉しくなります。やりがいを感じるとともに、「もっとこうしたい」という気持ちが湧いてくるんです。
仕事の大変さ
入居者様の細かい変化にきちんと気付いて対応することです。その変化を見逃してしまうと、転倒などの事故に繋がる可能性もあります。私は約5年間介護の仕事に携わっていますが、まだ知識が足りないと感じることが多く、入居者様に対してきちんと支援ができていない部分があります。入居者様の変化に敏感に気付けるように、日々勉強しながら職務に励んでいます。
フレスコ会の魅力
施設長や副課長といった目上の方が、近い距離で接してくださることです。気軽に声をかけてくださいますし、相談もしやすいです。堅苦しさがなく、色々とフォローしてくださるのでとても働きやすい職場だと思います。また、施設がある場所は公園や商店街が近く、入居者様が外に出かけやすいので、ケアを行う上でもよい環境が整っていると思います。
今後のビジョン
私は入社半年で、希望していたリーダー職に就かせていただきました。その他にも、来年度に向けた新卒採用チームのメンバーに選んでいただいたり、レクリエーションの担当を任せていただいたりと、様々な業務に携わることができています。これらの業務を私に任せても大丈夫と判断していただけたことは嬉しいですし、色々な経験ができているので、自分の引き出しを増やすことができます。これからも自分の仕事の幅をもっと広げて、多くのことを学びたいです。

top

社会福祉法人 フレスコ会