HOME > 社員の声 > ホールスタッフ(正社員) 浅賀 遥

「紋屋」に入社したきっかけ
調理師専門学校で料理の技術を学んでいたとき、紋屋の立川店で食事をしたのがきっかけでした。もともと日本料理が好きだったのですが、出てくる料理の技術のすばらしさにほれ込んで、「このお店で働きたい」と思いました。
一日の仕事の流れを教えてください
出社して掃除をした後、その日に来店されるお客様の情報を確認したり、料理に添える短冊などの作成をします。平日の場合、ランチ営業が始まるので、14時までホールで案内します。その後、休憩に入って賄いを食べ、夜の営業の準備をし、17時半くらいからお客様を迎え入れます。そうして営業が終了するのが22時半。後片付けをして帰宅します。
仕事で心がけていること
毎日、笑顔の練習を鏡の前で行っています。それとお客様に伝わりやすい言葉を選ぶように心がけています。説明はもちろんのこと、ゆっくり丁寧に話すことで、お客様から理解していただくことを第一に考えています。接客をする際にとても重要なことですし、その点はまだまだスキルを磨いていかなくてはいけないなと、肝に銘じています。
仕事で楽しかったこと
品川に近いという場所柄、仕事の接待で利用なさるお客様が多いのですが、普段知り合うことのないお客様のお話を聞き、勉強になることが多々あります。

また、当店では「生ビールの注ぎ方」にこだわりがあるのですが、実際に生ビールを口にされたお客様から「おいしい」と言っていただき、2杯、3杯と立て続けにおかわりをいただいたときはうれしかったです。
紋屋の魅力について
以前の私は、とてもおとなしいタイプだったんです。でも紋屋で働き始め、周りの人たちの明るさと活気が“伝染”したことで、今では明るくハキハキ話せるようになりました。今はここで学べることはすべて吸収できたらいいなと考えています。そのために、一日一日を大切に過ごすことを念頭に置いて、仕事に励んでいます。
将来のビジョン
お酒の資格を取得するなど、仕事のプラスになることをしていきたいです。今よりステップアップしていけば、仕事の幅は広がるでしょうし、お店のスタッフからの信頼度も増していくはずです。まだまだ勉強することは多いですが、一歩ずつ、堅実に成長していけたらと考えています。



■浅賀 遥プロフィール
2014年4月 入社 泉岳寺店配属
TOP
株式会社フードビジネス 採用ホームページ

 

「紋屋」に入社したきっかけ
調理師専門学校で料理の技術を学んでいたとき、紋屋の立川店で食事をしたのがきっかけでした。もともと日本料理が好きだったのですが、出てくる料理の技術のすばらしさにほれ込んで、「このお店で働きたい」と思いました。
一日の仕事の流れを教えてください
出社して掃除をした後、その日に来店されるお客様の情報を確認したり、料理に添える短冊などの作成をします。平日の場合、ランチ営業が始まるので、14時までホールで案内します。その後、休憩に入って賄いを食べ、夜の営業の準備をし、17時半くらいからお客様を迎え入れます。そうして営業が終了するのが22時半。後片付けをして帰宅します。
仕事で心がけていること
毎日、笑顔の練習を鏡の前で行っています。それとお客様に伝わりやすい言葉を選ぶように心がけています。説明はもちろんのこと、ゆっくり丁寧に話すことで、お客様から理解していただくことを第一に考えています。接客をする際にとても重要なことですし、その点はまだまだスキルを磨いていかなくてはいけないなと、肝に銘じています。
仕事で楽しかったこと
品川に近いという場所柄、仕事の接待で利用なさるお客様が多いのですが、普段知り合うことのないお客様のお話を聞き、勉強になることが多々あります。

また、当店では「生ビールの注ぎ方」にこだわりがあるのですが、実際に生ビールを口にされたお客様から「おいしい」と言っていただき、2杯、3杯と立て続けにおかわりをいただいたときはうれしかったです。
紋屋の魅力について
以前の私は、とてもおとなしいタイプだったんです。でも紋屋で働き始め、周りの人たちの明るさと活気が“伝染”したことで、今では明るくハキハキ話せるようになりました。今はここで学べることはすべて吸収できたらいいなと考えています。そのために、一日一日を大切に過ごすことを念頭に置いて、仕事に励んでいます。
将来のビジョン
お酒の資格を取得するなど、仕事のプラスになることをしていきたいです。今よりステップアップしていけば、仕事の幅は広がるでしょうし、お店のスタッフからの信頼度も増していくはずです。まだまだ勉強することは多いですが、一歩ずつ、堅実に成長していけたらと考えています。



■浅賀 遥プロフィール
2014年4月 入社 泉岳寺店配属

top

株式会社フードビジネス 採用ホームページ