株式会社ベルライフ 採用ホームページ

HOME > 社員の声 > 2011年入社 営業部
マネージャー 山下 智宏

入社動機について教えてください
超高齢化社会に突入した社会において、冠婚葬祭――とくに葬儀は必要不可欠な時代となりました。そのような環境下においてこれまでの営業経験を活かすことはできないか、と考えたとき、株式会社ベルライフと出会いました。

と言っても、冠婚葬祭業界に携わったのはベルライフが初めてです。前職は自営業で牛乳の販売を行っていました。全くの異業種からの挑戦でしたが、それでももっと広いフィールドで営業経験を活かしたいという想いが強く、ベルライフへの入社を決意しました。
仕事内容を教えてください
ベルライフの営業部は8つの営業所から成ります。私の主な仕事は営業所の管理全般です。現在、営業部に所属しているスタッフは48名。上は70代から下は20代後半まで幅広いスタッフが活躍しています。

営業部の主な業務は互助会会員の誘致です。互助会とは結婚式やお葬式に備えて、会費を積み立てていくサービスです。通常ですと、多額の費用がかかるものですが、互助会に入会していただくことで費用の負担軽減を行うことができます。
その会員様を誘致するため、イベントに出展したり、自宅訪問をしながらサービスのご紹介を行っていきます。

私自身はマネージャーとして営業部のマネジメントを行いながら、部下や後輩の同行や営業活動も行っています。また、サービス理解を深めるための勉強会を定期開催しています。
仕事で大変なこと、難しいことは何ですか?
やはり人材育成は難しいですね。営業スキルやノウハウを丸々とコピーしてもらうことは難しいかもしれませんが、良いところや参考になるところはどんどん真似してほしい。定期的に勉強会を開催したりもしていますが、結局のところ実践経験を積むことが一番自分の力になります。

そのためには、なるべく多くの営業に同行をし、実際の現場を見て、経験することが重要だと考えています。そしてそれを見た新入社員が「この上司すごいな」「勉強になるな」と思ってくれれば、自然とスキルは身について行くと思います。そのような関係性をつくることが難しさであり、自分自身のミッションだと感じています。
仕事のやりがい、楽しさは何ですか?
ひとつはお客様とのコミュニケーションです。話しているなかで意気投合したり、共感し合ったりするところがあると嬉しいですね。売り切りのサービスを取り扱っているわけではないからこそ、お客様との関係性の構築がやりがいでもありますし、そのなかで「入会して良かった」とサービスを活用していただけたときは、お客様の役に立てて良かったと思います。

もうひとつは、営業スタッフに限らず、株式会社ベルライフのスタッフやサービスを気に入っていただけたときです。互助会は積み立ての商品のため、一度サービスを受けると非会員に戻ってしまいます。つまり、継続して会員になっていただくためには、「またベルライフにお願いしたい」と思っていただけるようなサービスを提供しなければなりません。
その過程で当社のスタッフを褒めていただけたり、納得していただけた際は良いサポートができて良かったと感じます。
スタッフの魅力を教えてください
非常に前向きで、個性豊かなスタッフばかりです。やはり営業職ですから、お客様から断られることも多々あります。上手くいかないことが重なると気持ちが沈んでしまいがちですが、今、活躍しているスタッフは逆境にも負けず、高いモチベーションを持って取り組んでくれています。

当社では月に1度「躍進会」という会を開催しています。躍進会とは社員全員と社長や役員が集まり、食事を行う機会です。そこでは先月頑張った社員の個人表彰や各営業所の表彰も行われます。そういった努力や結果を評価する環境があるということも、みんなのモチベーション維持に関わっていると思います。
どのような人と一緒に働きたいですか?
明るく、楽しく、ユーモアのある人と一緒に働きたいですね。
私は営業部の仕事はサービスを紹介するだけではないと思っています。お客様先へ訪問活動をしながら、お客様にも元気になっていただくことも重要なことだと考えています。

「この人が来たら楽しいな」「この人の話は面白いな」と思っていただくことから、スタッフを好きになってもらい、ベルライフを好きになってもらい、サービスを必要としていただけるのだと思います。お客様との信頼関係を築く――言葉では簡単ですが、それは本当に難しいことです。

お客様も十人十色。その一人ひとりと向き合い、気持ちを合わせていかないと本当の意味での信頼関係は築けません。例えば、お客様の好きなことや趣味を知ろうと相手に興味を持つことが初めの一歩です。
TOP
株式会社ベルライフ 採用ホームページ

株式会社ベルライフ 採用ホームページ

入社動機について教えてください
超高齢化社会に突入した社会において、冠婚葬祭――とくに葬儀は必要不可欠な時代となりました。そのような環境下においてこれまでの営業経験を活かすことはできないか、と考えたとき、株式会社ベルライフと出会いました。

と言っても、冠婚葬祭業界に携わったのはベルライフが初めてです。前職は自営業で牛乳の販売を行っていました。全くの異業種からの挑戦でしたが、それでももっと広いフィールドで営業経験を活かしたいという想いが強く、ベルライフへの入社を決意しました。
仕事内容を教えてください
ベルライフの営業部は8つの営業所から成ります。私の主な仕事は営業所の管理全般です。現在、営業部に所属しているスタッフは48名。上は70代から下は20代後半まで幅広いスタッフが活躍しています。

営業部の主な業務は互助会会員の誘致です。互助会とは結婚式やお葬式に備えて、会費を積み立てていくサービスです。通常ですと、多額の費用がかかるものですが、互助会に入会していただくことで費用の負担軽減を行うことができます。
その会員様を誘致するため、イベントに出展したり、自宅訪問をしながらサービスのご紹介を行っていきます。

私自身はマネージャーとして営業部のマネジメントを行いながら、部下や後輩の同行や営業活動も行っています。また、サービス理解を深めるための勉強会を定期開催しています。
仕事で大変なこと、難しいことは何ですか?
やはり人材育成は難しいですね。営業スキルやノウハウを丸々とコピーしてもらうことは難しいかもしれませんが、良いところや参考になるところはどんどん真似してほしい。定期的に勉強会を開催したりもしていますが、結局のところ実践経験を積むことが一番自分の力になります。

そのためには、なるべく多くの営業に同行をし、実際の現場を見て、経験することが重要だと考えています。そしてそれを見た新入社員が「この上司すごいな」「勉強になるな」と思ってくれれば、自然とスキルは身について行くと思います。そのような関係性をつくることが難しさであり、自分自身のミッションだと感じています。
仕事のやりがい、楽しさは何ですか?
ひとつはお客様とのコミュニケーションです。話しているなかで意気投合したり、共感し合ったりするところがあると嬉しいですね。売り切りのサービスを取り扱っているわけではないからこそ、お客様との関係性の構築がやりがいでもありますし、そのなかで「入会して良かった」とサービスを活用していただけたときは、お客様の役に立てて良かったと思います。

もうひとつは、営業スタッフに限らず、株式会社ベルライフのスタッフやサービスを気に入っていただけたときです。互助会は積み立ての商品のため、一度サービスを受けると非会員に戻ってしまいます。つまり、継続して会員になっていただくためには、「またベルライフにお願いしたい」と思っていただけるようなサービスを提供しなければなりません。
その過程で当社のスタッフを褒めていただけたり、納得していただけた際は良いサポートができて良かったと感じます。
スタッフの魅力を教えてください
非常に前向きで、個性豊かなスタッフばかりです。やはり営業職ですから、お客様から断られることも多々あります。上手くいかないことが重なると気持ちが沈んでしまいがちですが、今、活躍しているスタッフは逆境にも負けず、高いモチベーションを持って取り組んでくれています。

当社では月に1度「躍進会」という会を開催しています。躍進会とは社員全員と社長や役員が集まり、食事を行う機会です。そこでは先月頑張った社員の個人表彰や各営業所の表彰も行われます。そういった努力や結果を評価する環境があるということも、みんなのモチベーション維持に関わっていると思います。
どのような人と一緒に働きたいですか?
明るく、楽しく、ユーモアのある人と一緒に働きたいですね。
私は営業部の仕事はサービスを紹介するだけではないと思っています。お客様先へ訪問活動をしながら、お客様にも元気になっていただくことも重要なことだと考えています。

「この人が来たら楽しいな」「この人の話は面白いな」と思っていただくことから、スタッフを好きになってもらい、ベルライフを好きになってもらい、サービスを必要としていただけるのだと思います。お客様との信頼関係を築く――言葉では簡単ですが、それは本当に難しいことです。

お客様も十人十色。その一人ひとりと向き合い、気持ちを合わせていかないと本当の意味での信頼関係は築けません。例えば、お客様の好きなことや趣味を知ろうと相手に興味を持つことが初めの一歩です。

top

株式会社ベルライフ 採用ホームページ