株式会社ソフト技研 採用ホームページ

HOME > 社員の声 > 2016年入社 川鍋 有里

入社動機を教えてください
大学時代にプログラミングの授業を受講していたことでIT業界に興味はありましたが、経済学部だったこともあって最初は金融業界を目指していました。そんな中、「川鍋さん、IT向いているんじゃない?」という教授の言葉が後押しにもなり、IT企業の説明会への参加するようになりました。

当社の選考フローには適性テストと面接の他、若手社員の方たちと食事をする懇親会があります。その際に本当に優しくしてくださり、「こんなアットホームな会社なら楽しく働けるだろうな」と感じたことで入社への意欲が高まりました。
新卒研修について教えてください
入社してから2ヵ月間は外部研修(社外の研修機関での研修)でJavaやMySQLについて学びました。講師の方にアドバイスを頂きながら、2ヵ月で学んだ知識を生かしてひとつのプログラムを完成させたときは達成感もありましたし、本当に自分の力になりました。

外部研修の後は、1ヵ月間の本社研修でOracle PL/SQLについて学びました。先輩社員の方にはとても分かりやすく教えていただきましたし、疑問点などは何も残らず本社研修を終えることができました。
現在の仕事内容を教えてください
製造や設計など、いろいろなことを任せていただいています。現場に出て2~3ヵ月後の期間はずっとテストを行っていました。単純作業がずっと続くため、このままこの業務だけをやり続けて大丈夫かな、という心配もありましたが、上司から「テストしかやっていなくて大丈夫かなと思うより、私はテストは出来るんだ、と自信を持った方がいい」と教えていただきました。

まだまだ覚えることはたくさんありますが、お金を払って勉強していた大学時代とは異なり、社会人になってからはお金をもらって勉強しているのでしっかり学ばないといけませんし、家でもしっかり復習しています。
同期社員について教えてください
同期5人は全員、経歴もキャラも違います(笑)。とても仲が良く、会社内で最も心置きなく話せる仲間です。同期会を開くこともあります。

仲間をイジったりし合うこともありますが、本当に落ち込んでいるときは「大丈夫かな」と心配になりますし、LINEで励ましたりしています。

現場が違っても、同期仲は大切にしていきたいです。
先輩や上司について教えてください
困った時に相談に乗ってくださったり、フォローしてくださる頼れる存在です。最初は「忙しそうだな」と思ってなかなか聞けなかったこともありましたが、聞かずにわからないままでは時間の無駄だな、と気持ちが変わり積極的に質問するようになりました。OJT(実務の中でのトレーニング)が終わった今でも、質問すれば分かりやすく教えていただいています。

そしてオンとオフの切り替えが上手なところは見習わないといけないな、と感じています。仕事中は物凄く集中して黙々と仕事をなさっているのに、仕事の外では親しみやすく、気さくに話してくれる先輩ばかりです。
大学生活で打ち込んだことはなんですか?
サークルです。大学生協のサポート役として、オープンキャンパスで入試問題集の販売のお手伝いしたり、新入学生に向けて時間割の組み方の相談を行ったりしました。

また、入学を間近に控えた方々に向けて、入学式前に仲良くなってもらおうと歓迎会を企画しました。サークルを通じて幅広い年齢層の方と話す機会が多かったので、この経験は社会人になった現在でも活かされていると思います。
TOP
株式会社ソフト技研 採用ホームページ

株式会社ソフト技研 採用ホームページ

入社動機を教えてください
大学時代にプログラミングの授業を受講していたことでIT業界に興味はありましたが、経済学部だったこともあって最初は金融業界を目指していました。そんな中、「川鍋さん、IT向いているんじゃない?」という教授の言葉が後押しにもなり、IT企業の説明会への参加するようになりました。

当社の選考フローには適性テストと面接の他、若手社員の方たちと食事をする懇親会があります。その際に本当に優しくしてくださり、「こんなアットホームな会社なら楽しく働けるだろうな」と感じたことで入社への意欲が高まりました。
新卒研修について教えてください
入社してから2ヵ月間は外部研修(社外の研修機関での研修)でJavaやMySQLについて学びました。講師の方にアドバイスを頂きながら、2ヵ月で学んだ知識を生かしてひとつのプログラムを完成させたときは達成感もありましたし、本当に自分の力になりました。

外部研修の後は、1ヵ月間の本社研修でOracle PL/SQLについて学びました。先輩社員の方にはとても分かりやすく教えていただきましたし、疑問点などは何も残らず本社研修を終えることができました。
現在の仕事内容を教えてください
製造や設計など、いろいろなことを任せていただいています。現場に出て2~3ヵ月後の期間はずっとテストを行っていました。単純作業がずっと続くため、このままこの業務だけをやり続けて大丈夫かな、という心配もありましたが、上司から「テストしかやっていなくて大丈夫かなと思うより、私はテストは出来るんだ、と自信を持った方がいい」と教えていただきました。

まだまだ覚えることはたくさんありますが、お金を払って勉強していた大学時代とは異なり、社会人になってからはお金をもらって勉強しているのでしっかり学ばないといけませんし、家でもしっかり復習しています。
同期社員について教えてください
同期5人は全員、経歴もキャラも違います(笑)。とても仲が良く、会社内で最も心置きなく話せる仲間です。同期会を開くこともあります。

仲間をイジったりし合うこともありますが、本当に落ち込んでいるときは「大丈夫かな」と心配になりますし、LINEで励ましたりしています。

現場が違っても、同期仲は大切にしていきたいです。
先輩や上司について教えてください
困った時に相談に乗ってくださったり、フォローしてくださる頼れる存在です。最初は「忙しそうだな」と思ってなかなか聞けなかったこともありましたが、聞かずにわからないままでは時間の無駄だな、と気持ちが変わり積極的に質問するようになりました。OJT(実務の中でのトレーニング)が終わった今でも、質問すれば分かりやすく教えていただいています。

そしてオンとオフの切り替えが上手なところは見習わないといけないな、と感じています。仕事中は物凄く集中して黙々と仕事をなさっているのに、仕事の外では親しみやすく、気さくに話してくれる先輩ばかりです。
大学生活で打ち込んだことはなんですか?
サークルです。大学生協のサポート役として、オープンキャンパスで入試問題集の販売のお手伝いしたり、新入学生に向けて時間割の組み方の相談を行ったりしました。

また、入学を間近に控えた方々に向けて、入学式前に仲良くなってもらおうと歓迎会を企画しました。サークルを通じて幅広い年齢層の方と話す機会が多かったので、この経験は社会人になった現在でも活かされていると思います。

top

株式会社ソフト技研 採用ホームページ