HOME > ごあいさつ

社員の志を全力で応援
それが、私たちの流儀です。

 

平成が誕生したその年の8月、東京都府中市に「紋屋」は開業しました。

 

以来、お客様に喜んでいただくために、美味しい料理とおもてなしをご提供してきたのはもちろんのこと、ともに働く仲間やその家族、あるいは仕事で関わるすべてのパートナー様にも「特別なひととき」を楽しんでいただけるよう、私たちは尽力してまいりました。

 

特に、社員たちの志や挑戦を全力で応援するのが私たちの流儀です。

 

料理の世界には2つの道があります。

 

ひとつは特定のお店で長く勤め続けること。
もうひとつは、独立して自分のお店を持つことです。

 

社員たちがどちらの道を選ぼうとも、私はその志を応援していきたいと考えています。

 

 

 

人に喜ばれることに幸せを感じられる人財を育てたい

 

当社の特長は、全員参加型の店舗運営を実践していることです。毎月実施している「全員参加での翌月のコース料理の試食会」、夏に毎年行っている「ホールチームが料理を作る“調理場へのおもてなし”」、「調理チームによる庭や化粧室の清掃」などを通して、全スタッフが店づくりに参加する機会を設けています。

 

また普段顔を合わせることがない総務部の方々のために、月に一度、若手社員がお昼ごはんを作りに行くこともありますし、毎月1回は必ず近隣の清掃を全員で実施しています。

 

そのような取り組みを通じて、社員同士が笑顔で仕事できる環境を整え、自由な発想力でお客様に価値を提供し、全員参加型の店作りにする事で一人一人が責任感を持つ――それによって、同僚やお客様から“喜ばれる幸せ”を感じられる人財を育てることが、私たちの理想です。

 

 

 

お客様のニーズに合わせ、さまざまな事業を展開中

 

「食の世界を通じて お客様の役に立ちたい」
その経営理念のもと、私たちはさまざまなかたちで日本料理の素晴らしさや奥ゆかしさを提供しています。

 

そのひとつが、ご高齢の方々に提供する出張料理事業です。コンビニやファミレスなどのような宅配サービスではなく、当社の料理人がご家庭に赴き、
お客様の目の前で料理をつくりあげるものです。なかなかお店まで足を運べないお客様がいるのであれば、こちらからお伺いし、食の楽しさをお届けする――。これも、私たちの経営理念を実現するためのひとつのかたちです。

 

ほかにも、「お土産の販売」や「会員制度の導入」など、当店をご利用いただくお客様が喜ぶ事業に着手しております。また、日本料理を世界中の方々に広めるために、「社内英語研修」を導入。来店される外国人の方々へ本物のおもてなしを提供できる人材を育む取り組みも始まっています。

 

当社の料理は同業他社様と比べて高価であるのは重々承知です。それでも、「おいしかった。また来ます」と言ってくださるお客様は総じて笑顔でお帰りになられます。

 

そのようなお客様を見る度に心から安堵し、「次回来店されたときは、最高のおもてなしをしよう」と俄然と力が湧いてきます。

 

そうした想いを今後一緒に働く方々にも持っていただきたい。そして、最高のおもてなしを提供することの喜びを、当社で感じていただきたいと思います。

 

ぜひ、「紋屋」で“食を通じてお客様の役に立つ喜び”を堪能してください!

 

 

 

■曽我部 薫 プロフィール
2011年9月 入社
2012年4月 泉岳寺店店長
2015年8月 ワイン留学でニュージーランドへ
2016年11月 帰国 顧客価値創造部部長兼 泉岳寺店店長
2018年3月 執行役員 顧客価値創造部部長 兼 泉岳寺店店長

TOP
株式会社フードビジネス 採用ホームページ

 

社員の志を全力で応援
それが、私たちの流儀です。

 

平成が誕生したその年の8月、東京都府中市に「紋屋」は開業しました。

 

以来、お客様に喜んでいただくために、美味しい料理とおもてなしをご提供してきたのはもちろんのこと、ともに働く仲間やその家族、あるいは仕事で関わるすべてのパートナー様にも「特別なひととき」を楽しんでいただけるよう、私たちは尽力してまいりました。

 

特に、社員たちの志や挑戦を全力で応援するのが私たちの流儀です。

 

料理の世界には2つの道があります。

 

ひとつは特定のお店で長く勤め続けること。
もうひとつは、独立して自分のお店を持つことです。

 

社員たちがどちらの道を選ぼうとも、私はその志を応援していきたいと考えています。

 

 

 

人に喜ばれることに幸せを感じられる人財を育てたい

 

当社の特長は、全員参加型の店舗運営を実践していることです。毎月実施している「全員参加での翌月のコース料理の試食会」、夏に毎年行っている「ホールチームが料理を作る“調理場へのおもてなし”」、「調理チームによる庭や化粧室の清掃」などを通して、全スタッフが店づくりに参加する機会を設けています。

 

また普段顔を合わせることがない総務部の方々のために、月に一度、若手社員がお昼ごはんを作りに行くこともありますし、毎月1回は必ず近隣の清掃を全員で実施しています。

 

そのような取り組みを通じて、社員同士が笑顔で仕事できる環境を整え、自由な発想力でお客様に価値を提供し、全員参加型の店作りにする事で一人一人が責任感を持つ――それによって、同僚やお客様から“喜ばれる幸せ”を感じられる人財を育てることが、私たちの理想です。

 

 

 

お客様のニーズに合わせ、さまざまな事業を展開中

 

「食の世界を通じて お客様の役に立ちたい」
その経営理念のもと、私たちはさまざまなかたちで日本料理の素晴らしさや奥ゆかしさを提供しています。

 

そのひとつが、ご高齢の方々に提供する出張料理事業です。コンビニやファミレスなどのような宅配サービスではなく、当社の料理人がご家庭に赴き、
お客様の目の前で料理をつくりあげるものです。なかなかお店まで足を運べないお客様がいるのであれば、こちらからお伺いし、食の楽しさをお届けする――。これも、私たちの経営理念を実現するためのひとつのかたちです。

 

ほかにも、「お土産の販売」や「会員制度の導入」など、当店をご利用いただくお客様が喜ぶ事業に着手しております。また、日本料理を世界中の方々に広めるために、「社内英語研修」を導入。来店される外国人の方々へ本物のおもてなしを提供できる人材を育む取り組みも始まっています。

 

当社の料理は同業他社様と比べて高価であるのは重々承知です。それでも、「おいしかった。また来ます」と言ってくださるお客様は総じて笑顔でお帰りになられます。

 

そのようなお客様を見る度に心から安堵し、「次回来店されたときは、最高のおもてなしをしよう」と俄然と力が湧いてきます。

 

そうした想いを今後一緒に働く方々にも持っていただきたい。そして、最高のおもてなしを提供することの喜びを、当社で感じていただきたいと思います。

 

ぜひ、「紋屋」で“食を通じてお客様の役に立つ喜び”を堪能してください!

 

 

 

■曽我部 薫 プロフィール
2011年9月 入社
2012年4月 泉岳寺店店長
2015年8月 ワイン留学でニュージーランドへ
2016年11月 帰国 顧客価値創造部部長兼 泉岳寺店店長
2018年3月 執行役員 顧客価値創造部部長 兼 泉岳寺店店長

top

株式会社フードビジネス 採用ホームページ