株式会社リンクフローリスト 採用ホームページ

HOME > ごあいさつ

あなたのアイディアをチャレンジできる土壌があります

花や植物は誰もが小さい頃から目にしていますが、贈られる機会はこれまで送別会や何かの記念がほとんどだったでしょう。
そのため、「花とは“そういうとき”にだけもらうもの」というイメージがあるかと思います。
そうしたみなさんの考えを超えて、もっと生活のシーンの一部として取り入れてもらう。
リンクフローリストは、そんなチャレンジをしていきたいと考えています。

 

当社の強みは、ご依頼当日に花をお届けできるほどの迅速な対応力。
そして花屋の店舗経営のかたわら、複数の事業展開をしていることです。
当社で働いている社員は、花や植物という商材を用いて多様な領域で挑戦ができますし、新事業の企画も歓迎しています。

 

私どもの業界はいわゆる3Kのイメージがあり大変だと思われがちですが、当社は一味違います。
例えば他社では、1年目のスタッフはひたすら段ボールを潰す作業ばかりで花に触れないこともあるそうです。
しかし当社では、そうした業務はコストをかけてパートナー会社さんにお願いをしています。
なぜならスタッフの思考力と体力は、お客様によりよいサービスをお届けするために使ってほしいからです。

 

当社では社会人としての基本である「報・連・相」さえ守れば、基本的には一人ひとりの自由に任せています。
やってみたいこと・やった方がいいと思うことを自分で考え、小さくてもいいので形に落とし込み、実際にチャレンジしてほしいためです。
ですから、自ら考えて発信できる方には力を発揮しやすい職場でしょう。

 

また、オンとオフをしっかり切り替える人材を求めており、それが実現できる職場環境作りにも励んでいます。
働きやすさというのは個人の価値観によって異なりますが、仕事とプライベートのメリハリをつけられる環境は、きっと誰もが過ごしやすいからです。

 

そして、花屋は技術力を要するので、職人気質な文化があります。
しかしあくまでも、お客様に喜んでもらうことが大切であって、スタッフが「作品」を作り上げることが重要なわけではありません。
だから、商品のよさの伝え方なども理解してもらえるようにしています。
経験者の方はいろんな領域で知見を活かし、未経験の方は知識がないからこその新しいアイディアを積極的に発信してほしいと思っています。

TOP
株式会社リンクフローリスト

株式会社リンクフローリスト 採用ホームページ

あなたのアイディアをチャレンジできる土壌があります

花や植物は誰もが小さい頃から目にしていますが、贈られる機会はこれまで送別会や何かの記念がほとんどだったでしょう。
そのため、「花とは“そういうとき”にだけもらうもの」というイメージがあるかと思います。
そうしたみなさんの考えを超えて、もっと生活のシーンの一部として取り入れてもらう。
リンクフローリストは、そんなチャレンジをしていきたいと考えています。

 

当社の強みは、ご依頼当日に花をお届けできるほどの迅速な対応力。
そして花屋の店舗経営のかたわら、複数の事業展開をしていることです。
当社で働いている社員は、花や植物という商材を用いて多様な領域で挑戦ができますし、新事業の企画も歓迎しています。

 

私どもの業界はいわゆる3Kのイメージがあり大変だと思われがちですが、当社は一味違います。
例えば他社では、1年目のスタッフはひたすら段ボールを潰す作業ばかりで花に触れないこともあるそうです。
しかし当社では、そうした業務はコストをかけてパートナー会社さんにお願いをしています。
なぜならスタッフの思考力と体力は、お客様によりよいサービスをお届けするために使ってほしいからです。

 

当社では社会人としての基本である「報・連・相」さえ守れば、基本的には一人ひとりの自由に任せています。
やってみたいこと・やった方がいいと思うことを自分で考え、小さくてもいいので形に落とし込み、実際にチャレンジしてほしいためです。
ですから、自ら考えて発信できる方には力を発揮しやすい職場でしょう。

 

また、オンとオフをしっかり切り替える人材を求めており、それが実現できる職場環境作りにも励んでいます。
働きやすさというのは個人の価値観によって異なりますが、仕事とプライベートのメリハリをつけられる環境は、きっと誰もが過ごしやすいからです。

 

そして、花屋は技術力を要するので、職人気質な文化があります。
しかしあくまでも、お客様に喜んでもらうことが大切であって、スタッフが「作品」を作り上げることが重要なわけではありません。
だから、商品のよさの伝え方なども理解してもらえるようにしています。
経験者の方はいろんな領域で知見を活かし、未経験の方は知識がないからこその新しいアイディアを積極的に発信してほしいと思っています。

top

株式会社リンクフローリスト