HOME > ごあいさつ

「良心」と「自律」がプロフェッショナルを生む 代表取締役 和泉 武志 

プロフェッショナルを育成したい――少子高齢化や人口減少問題を抱える日本がシュリンクしながらも成長するには、数多くのプロフェッショナルを輩出する以外に方法はないと思います。

 

「誰よりも優れた付加価値を生み出し、その成果に対してお金を得る」ことがプロフェッショナリズムの根幹です。当社では、その考えを持って仕事と向き合い、目の前のことに一生懸命になっていいモノを作ろう、いいサービスをしよう、クオリティを上げていこう、と会社として取り組んでいます。私たちはプロフェッショナル集団である、という意識を持って仕事に向き合える方が増えることを嬉しく思います。

 

そして、一緒に働く仲間は、「道徳的に良心的な方」で「自分で自分を律することができる」人であってほしい。社員同士が信頼し合い、好影響を与え合うことができる環境をつくるためには、「良心」「自分を律することができる」の両面を備えた人財が欠かせませんし、そのような人財こそプロフェッショナルへ成長していくのだと確信しています。

 

当社が特に注力していることは、「会話」です。私の持論のひとつに「会話量が多いほど生産性も品質も向上する」というものがあります。「ちょっと見せてごらん」「こうやったほうがいいんじゃない」という会話を仕事中に頻繁にできれば、お互いの知識や知恵を結集できますし、情報の連携もスムーズにいきます。それにより、質の高いモノをスピーディーに作れるはずです。そのほかにも、社員を育成するために社員一人ひとりへハードルを課すとき、社員がそのハードルを越えるための手助けになるもの、働きやすい環境づくりのためによい人間関係を築くとき……。そのいずれにおいても、会話は非常に大切なツールになり得ます。そのため、もっともっと会話量を増やして言葉が飛び交う会社にしていきたいと考えています。

 

最後に、仕事で成功するために必要なことは3つあります。それは「才能」「挑戦する熱意」「継続する力」です。その3つのうちで欠けていいのは、「才能」です。才能は欠けていても問題ありません。さまざまなことにチャレンジする熱意と粘り強さを持った方に、ぜひ入社していただきたいです。

TOP
株式会社フォーエス 採用ホームページ

 

「良心」と「自律」がプロフェッショナルを生む 代表取締役 和泉 武志 

プロフェッショナルを育成したい――少子高齢化や人口減少問題を抱える日本がシュリンクしながらも成長するには、数多くのプロフェッショナルを輩出する以外に方法はないと思います。

 

「誰よりも優れた付加価値を生み出し、その成果に対してお金を得る」ことがプロフェッショナリズムの根幹です。当社では、その考えを持って仕事と向き合い、目の前のことに一生懸命になっていいモノを作ろう、いいサービスをしよう、クオリティを上げていこう、と会社として取り組んでいます。私たちはプロフェッショナル集団である、という意識を持って仕事に向き合える方が増えることを嬉しく思います。

 

そして、一緒に働く仲間は、「道徳的に良心的な方」で「自分で自分を律することができる」人であってほしい。社員同士が信頼し合い、好影響を与え合うことができる環境をつくるためには、「良心」「自分を律することができる」の両面を備えた人財が欠かせませんし、そのような人財こそプロフェッショナルへ成長していくのだと確信しています。

 

当社が特に注力していることは、「会話」です。私の持論のひとつに「会話量が多いほど生産性も品質も向上する」というものがあります。「ちょっと見せてごらん」「こうやったほうがいいんじゃない」という会話を仕事中に頻繁にできれば、お互いの知識や知恵を結集できますし、情報の連携もスムーズにいきます。それにより、質の高いモノをスピーディーに作れるはずです。そのほかにも、社員を育成するために社員一人ひとりへハードルを課すとき、社員がそのハードルを越えるための手助けになるもの、働きやすい環境づくりのためによい人間関係を築くとき……。そのいずれにおいても、会話は非常に大切なツールになり得ます。そのため、もっともっと会話量を増やして言葉が飛び交う会社にしていきたいと考えています。

 

最後に、仕事で成功するために必要なことは3つあります。それは「才能」「挑戦する熱意」「継続する力」です。その3つのうちで欠けていいのは、「才能」です。才能は欠けていても問題ありません。さまざまなことにチャレンジする熱意と粘り強さを持った方に、ぜひ入社していただきたいです。

top

株式会社フォーエス 採用ホームページ