ごあいさつ

大きく変わりゆく会社を、一緒につくって行きましょう

当社は、人間が生きる上で欠かすことができない「衣食住」のうち、「住」を担っています。それは、ものづくりが、人の「喜び」につながるというやりがいを実感できる仕事でもあります。ものづくりの喜びは、お客様の「信頼」を生み、働く人の「喜び」となって還ってきます。建築の素材や工法は年々新しくなっていますが、どれだけ時代が変わっても、こうしたものづくりの喜びは変わることがありません。そんな仕事を、私たちと一緒に手がけてみませんか。

当社は2025年に100周年を迎えます。100周年に向けて、経営理念を刷新して「楽しく、つくる」というコンセプト=考え方の基本を掲げました。現在は、この考え方に基づいてさまざまな新しい取り組みの準備を進めています。
「つくる」という言葉は、建物を造るだけでなく、お客様をつくる、仲間をつくる、家族の絆をつくるなど、さまざまな意味があります。そして、どの「つくる」も笑顔で楽しく行うための工夫や取り組みが必要です。
仲間と楽しく働くためには職場環境の整備が必要ですし、お客様をつくるためには満足していただける仕事をすることが大切です。そして、家族の絆をつくるためには、充実した福利厚生も必要となるでしょう。現在、社員が楽しく働ける環境づくりを進めています。

大きな変革の時期に当たる今、当社では、現状に止まるのではなく、チャレンジできる方を求めています。共に働く仲間に感謝の気持ちを持つこと、様々な物事に興味と疑問を持って、自分の意見をはっきりと言えることも大切です。言われたことをそのまま受け入れるだけでなく、首をかしげる部分があるのなら、自分の考えを主張できることが大切だと思うからです。興味と疑問を持つという姿勢は、その人を大きく成長させ、ひいては会社の成長にもつながると信じています。そうした意見をたくさん募る為、昨年より「提案公募制度」をスタートさせました。
 
 私たちと共に「会社を、つくる」方とお会いできることを楽しみにしています。

代表取締役社長 山下 尚治

代表プロフィール

1961年京都市生まれ。同志社大学経済学部を卒業後、建築専門学校に通い建築の知識を身につける。京都市内の建設会社での現場実務を経験後、1988年に株式会社山下組に入社。先代の父のもとで経験を積み、2001年代表取締役に就任。座右の銘は、「信用は資本なり」。

share!

expand_less