社員の声

書籍担当の一日の流れ(早番の場合)

インタビュー

現在の仕事内容

WonderGOO東金店で書籍を担当しています。書籍部門の主な業務には品出し、発注、返本、売り場づくりなどです。品出しは書籍や雑誌を店頭に並べる作業で、毎朝何百冊と届く書籍や雑誌を棚に陳列していきます。その日が発売日の雑誌はオープン前にすべて陳列しなければならないので、開店前はいつも“時間との戦い”です。

また、売れた書籍を補充するための発注業務、旬や時期を過ぎた書籍を出版社に戻す返本業務、季節感のある本や売れている本をお客様に訴求する売り場づくりの他、売り場のメンテナンスも大事な業務のひとつです。書籍の平積みをきれいに整えたり、棚に並ぶ雑誌を整頓したりして、売り場を見栄えの良い状態に保つことは欠かせません。

入社後のキャリアステップ

入社して3週間ほど研修を受けた後、店舗勤務へ。WonderGOOの場合、実務を通じて仕事を覚えるスタイルで、まずはレジ打ちや接客などの販売業務から覚えていきました。私は小売業の仕事が未経験だったので入社当初は右も左もわからない状態でしたが、トレーナーを務めていただいた先輩の温かく丁寧な指導のおかげで、一つひとつ仕事を覚えることができました。

2年目に入ると別の店舗に移り、書籍部門を2人体制で担当。そして半年後には私一人で担当することになり、売り場づくりや発注を自分の判断するようになりました。

そして3年目に現在勤務している東金店に異動。ある日、他部門のスタッフが忙殺されているのに知識不足で助けられない自分に直面…。そんな自分自身が悔しくて、書籍部門以外でもフォローできるように他部門の知識も身につけ、今では他の部門が忙しく業務が回っていない時に手助けできるまでになりました。

仕事のやりがい

当社では、店舗でのイベントを積極的に企画して、実現できることができます。私も以前、企画した着ぐるみイベントが採用されて、イベントの実現にこぎ着けたことがありました。身長制限の兼ね合いで、私自身が着ぐるみの中に入ることになったときは「うそでしょ!?」と戸惑いましたが、終わってみれば大盛況! たくさんのお客様がお店に足を運んでくださり、本の売上も上々でした。お客様に普段は味わえない体験を提供できただけでなく、社内のスタッフも一緒になって盛り上がってくれましたし、そうしたイベントの成果が出た瞬間の喜びは今でも忘れられません。

今後のビジョン

当店にはいろいろな部門があるので、様々なことで携われます。その特色を生かして、今後は書籍だけでなく、多くの部門を統括できるポジションに就きたいです。

また、イベントを企画することが好きなので、これからもお客様に面白さを届けるイベントを考えていきたいですね。以前、つくば店でフェスを開催したように面白いことをどんどん企画できるのが当社の魅力です。”面白い会社”があることを日本全国の方々にもっと知ってもらいたいので、将来的には会社の魅力をPRする広報も挑戦できたらいいな、といったビジョンを描いています。

ほかの社員もみる

expand_less