社員の声

服飾担当の一日の流れ(遅番の場合)

インタビュー

現在の仕事内容

WonderREX那珂店の古着・服飾部門に在籍しています。古着・服飾部門は紳士服、靴、婦人服、バッグ、子ども服に分かれていて、私は紳士服と靴の担当者を務めながら、部門を統括するカテゴリーリーダーも兼務。買取査定や商品の値付け、売り場づくりなどの担当者の仕事をしながら、
売上進捗の把握や他の担当者へのアドバイスなどを行っています。

仕事の醍醐味

この仕事の楽しさは、買取金額も商品の値付けも自分で考えて決められることです。「この価格ならすぐに売れるだろう」と思って値付けした商品がなかなか売れないこともありますし、「流行りだけどこの金額は少し高いかな」と思っていた商品が即日売れることもありますが、それが中古販売の醍醐味だと思います。また、買取時には「おぉ!こんな有名ブランドがきたか!」とワクワク感を味わうこともしばしば。新品の販売では味わえないことがたくさん経験できるはずです。

研修について

私の”原点”と言えるのが、入社後の3ヵ月間で幅広い知識を学ぶ「REX大学」です。仮配属先の店舗で、お客様から買い取った商品を売り場に出すまでの基礎作業を1ヵ月間学んだ後、顧客満足度を高めるための接客、買取金額を適切に決める査定と一段一段ステップを踏んで学ぶことができます。

REX大学では「なぜこの商品を高額で買い取れるのか」「買取品をきれいにして売れる状態にするまで加工にどれくらい時間を要するか」「加工を施せばいくらの値段で売れるか」などを論理的に教えてくれました。そのため、店舗配属を迎えた後でもしっかりと査定できたので、本当に貴重な時間だったと思います。

今後のビジョン

REX大学時代、トレーナーとして私にいろいろなことを教えてくださったのがWonderREXの商品部でリーダーを務める方でした。私の目標であり、最も尊敬する方なので、一歩でも近づけるように頑張っています。今後は私の担当以外の商品も詳しくなる必要がありますし、売り場の管理や店舗全体のマネジメントに関する勉強も不可欠なので、もっともっと勉強して、幅広い知識を身につけていきます。

ほかの社員もみる

expand_less