社員の声
2015年 新卒入職

インタビュー

食を大切にしている法人の方針に惹かれて

私自身も保育園に通っていました。しかし、保育園での食事があまり好きになれなかった経験から、自分の受け持つ子ども達には保育園で食べる食事が楽しくて、美味しいものだと感じてほしい、という思いのもとに保育士になりました。 そして就職活動の際には食育活動の盛んな保育園を探していました。調べていくうちに様々な食育活動が若水会で行われていることを知り、この法人で働きたいと思い見学をさせてもらいました。 見学をしたときの園児たちの様子もとても楽しそうに園生活を行っており、入職を決めました。

多くの成長を分かち合える喜び

この仕事でやりがいを感じる瞬間はやはり子ども達の成長を間近で見ることができる点です。 毎日、保護者の方から大切なお子様をお預かりしている中で、園児一人一人に愛情を持って接していますので、日々の成長にとても感動します。 お母さんと朝、バイバイする時に最初は泣いていた子ども達も徐々に園での生活に慣れてきて、 泣かずにバイバイできるようになった時やまだ入園時には歩けなかった子が、最初の数歩を歩けた瞬間に立ち会えた時などはとっても嬉しいです! 保護者の方にお迎えの時にお伝えしたり、他のメンバーとも子どもの育ちが見られた感動を喜び合えた時には、この職場で働けることに喜びを感じます。

たくさんの笑顔に囲まれて仕事ができる環境

私たちは子ども、保護者の方、職員など様々な人との関わりがある中で、関わっている人たちが子ども中心に笑顔になっています。 ちょっとしたことでも、こんなに笑顔にあふれている職場は他にはないと思っています。 また職員同士、少し手が離せない時やお願いしたいことがある時など声を掛け合ったりして、協力しあって日々過ごしているため、覚えることもたくさんありますが、すごく働きやすい雰囲気です。

※2017年4月 大泉にじのいろ保育園より異動しました

ほかの職員もみる

share!

expand_less