社員の声
2007年中途入社

一日の流れ

インタビュー

若手にチャンスが与えられる環境を求めて入社

大学卒業後は研究室に残り、障がい者雇用の促進事業に従事していました。その際にコールセンター事業の魅力に触れ、その将来性を確信。業界大手の企業に入社しましたが、若手のチャンスが少なく、歯がゆさを覚えていました。もっと幅広い業務に携わることができ、若いメンバーにもチャンスが与えられる環境を求めて、当社に中途入社しました。

入社後はスーパーバイザー(SV)、ユニットリーダーを経験し、マネジャーに昇進しました。マネジャーに昇進してからは、事業全体の数値責任や採用、教育、制度改革など、見るべき視点が格段に増えました。

「難しい、大変、クレームがある」を凌駕する面白さ

コールセンターと聞くと、「難しい、大変、クレームがある」などマイナスに捉える方が多いと思います。
しかし、それは私たちの仕事のほんの一面でしかありません。

SVはチームのマネジメントが主な役割なので、仕事を通じてマネジメント能力が向上します。
クライアント企業に対して、現状のサービスの問題点を整理し、改善・提案していくのもSVの役割です。

このように仕事を通じてビジネス全般をひと通り学び、実践することができます。

あなたにあったキャリアを実現できるカルチャーです

当社には「マネジャーになるには最低何年必要」といった規定はありません。

現場で活躍した社員を会社全体の教育を推進するチームに抜擢するなど、BPO事業を拡大していくための体制強化を進めています。今後は新卒1年目の若手社員がコールセンターの運営だけでなくて、教育や採用などに携わる機会も増えていきます。

あなたを待っています

当社は今年設立20周年を迎え、いままさに次のステージに進もうとしている成長企業です。
会社の成長に伴い、仕組みや制度をより良いものに変革していく必要があります。
「みんなで意見を出し合って作り上げていこう」といった、好奇心・挑戦心のある方にぜひ当社の門をたたいてもらいたいと思っております。

ほかの社員もみる

share!

expand_less