社員の声
2018年中途入社

一日の流れ

インタビュー

入社のきっかけはキャリアの広さと柔軟さ

前職もコールセンターでスーパーバイザー(SV)を務めていました。しかし、立ち上げの機会がありませんでした。そこで、思い切って転職を決意。いくつかの企業の面接を受けさせていただくなかで、私の熱意を受け入れ、「ぜひやろうよ!」と同調していただいたのが当社でした。特に、「プロジェクトの立ち上げをやってみませんか」と打診されたときは興味をかき立てられましたし、入社を決意した瞬間でした。

念願のプロジェクト立ち上げに挑戦!

面接でいただいたお話のとおり、入社後はすぐに金融関連の新規プロジェクトの立ち上げに携わりました。念願の立ち上げ業務は、クライアント企業様がコールセンターを持つのが初めてだったので大変な面も多々ありましたが、それ以上に面白味にあふれ、得るものは非常に多かったですね。

また、現在はそのプロジェクトのSVとして、クライアント企業様との打ち合わせを行っています。日々のオペレーターさんのケア、音声品質の確認、KPI(1件の対応時間、1時間あたりの対応件数など)の数字管理、応対品質のフィードバック・面談などもしています。

ヒトに携わる仕事で得られるやり甲斐

チーム運営で重要なことの一つが、ヒトに関わるマネジメントだと思います。
個人でやれることには限界がありますので、SVは、チームの力を最大化する働きかけが重要だと考えています。

私自身、自分から率先してオペレーターさんに声を掛けるように心がけています。
そうするとことで、相手の表情や顔色がわかったりするので、
状況に応じて指導のやり方を見直しています。

そうやって日々、オペレーターさんに接して、その成長過程を見ていけることは
SVの醍醐味のひとつでもありますね。

チャレンジできる環境

当社の魅力は、自分の想いを声に出した時、否定せずに拾い上げてくれるところです。自分が思い描いたプロジェクトの構築も任せてもらえます。

そのため、いろいろな方が活躍できる場所ですし、特に自分のビジョンをしっかりと持った方にはピッタリなはずです。数多くのことにチャレンジでき、わからないことに直面した際はどんどん質問できる環境なので、そういう職場で活躍したい方にも入社していただきたいと思います。

ほかの社員もみる

share!

expand_less