社員の声
2020年入社

一日の流れ

インタビュー

入社のきっかけ

もともと電気工事の仕事を18歳からやっていました。フリーとして仕事をしていた頃から社長とは仕事を通じて交流がありました。その後、声をかけてもらい、入社。20年以上電気工事士として勤務した経験を会社のために発揮しています。

仕事内容について

電気工事士として現場に立ち、進捗管理や図面作成、施工写真などによる品質管理といった施工管理を行っています。また、現場で職長として、後輩の指導にもあたっています。これからを担う若手を育てるべく、これまで経験した知識を伝え続けています。仕事は愛知県内を中心に、近県で業務をしています。

やりがいを感じたエピソード

作業の進捗状況をみて、次に必要な資料や図面を先読みして渡せた時に、仕事を通じて成長できていると実感できた時にやりがいを感じます。電気に関する仕事は何をしても楽しいですが、長年この仕事をやっていても一番感動することは電気がついた時です。すべての工事を終え、電気がつくと、感動と達成感を味わうことができます。

大変だったエピソード

大変なのはやはり、工期の変更です。工期終了日は変わらないのですが、途中段階でスケジュールが変わることがあります。現場第一のため、予定通りに進まないことは多くあります。そのため、提示された中で対応することが求められるので、臨機応変に対応することが大変ですが、やりがいでもあります。あとは早起きに慣れるのが大変でした。

入社して良かったエピソードと会社の魅力

仕事をしている時は気付きませんでしたが、一人になって当社の名前が多くの人に知られていると実感できた時に入社してよかったと思います。そして、当社は社長との距離が近く、提案をしたら後押ししてもらえるところは非常にうれしい点です。

将来のビジョン

指導者として、若い世代を育てていきたいです。スキルを身につけ、現場を統括する力をつけてもらえるよう、自分のこれまでの経験を伝えていきたいです。難しくて、頭を使うイメージがあるかもしれませんが、徐々に経験が自分の力になっていきます。その面白さを伝えていきたいと思っています。

ほかの社員もみる

share!

expand_less