社員の声
2018年入社

インタビュー

入社動機について教えてください

前職では内装工事をしていましたが、お客様と接する仕事に就きたいという想いが高まり転職を決意しました。その前は丼物を扱うチェーン店に勤めていた経験があったため、もう一度飲食業界に挑戦しようと決めました。

野村興業を知ったきっかけは求人広告でした。
サイト上に掲載された写真や動画を見て雰囲気のいい店という印象を受けました。

お客様と対面で調理や接客ができるオープンキッチンも非常に魅力的でしたが、面接時に「是非、家族で飲みに来てください」と言っていただけたことが嬉しかったです。実際に家族で食事に訪れ、働いていらっしゃる方々の雰囲気もよかったため入社を決めました。

仕事内容について教えてください

主に焼き鳥などの焼き物料理を作る焼き場を担当しています。最初ははじめて経験する業務に戸惑うこともありましたが、入社して一年経ってようやく慣れてきました。

調理以外にもキッチンからお客様を接客することもあります。私はバンドをやっているのですが、バンドTシャツを着たお客様とは音楽関係の話で盛り上がりますし、私の地元が立川なので地元のお客様とは地元トークに花を咲かせることもあります。

お客様のなかには私の友達の友人や共通の話題を持つ方も多いため、気さくに話しかけてくださるお客様もたくさんいます。

仕事のやりがいについて教えてください

当店はオープンキッチンのため、お客様の喜ぶ顔を間近で見ることができます。直接感謝の言葉を言われる以外にも、お客様が楽しそうに食事をしていたり、わいわい盛り上がっていいたりする様子などを見られるのも大きなやりがいに繋がっています。

最も大きなやりがいはお客様に直接、料理の感想をいただけたときです。
「ごちそうさま」「美味しかったよ」と声をかけていただけることも嬉しいのですが、入社当初からの常連のお客様は「レバーの焼き加減が絶妙だね」などピンポイントで褒めてくださることがあります。

昔の自分と比較して認めてもらえたときは、少しずつでも成長できていると実感することができます。

仕事の難しさについて教えてください

野村興業に入社してからは、これまでの仕事観が大きく変わりました。これまでも真剣に仕事と向き合ってきたつもりでしたが、まだまだ学ぶことがたくさんありました。

これまではお客様と離れたところで仕事をするスタイルだったため、仕事中の姿勢や所作まではそこまで強く意識していませんでした。しかし、当店はオープンキッチンのため、お客様が調理過程を見ることができます。常にお客様から見られているという意識のなか仕事をしていると、自然と立ち振る舞いにも緊張感が走ります。

調理だけに集中するのではなく、お客様一人ひとりと向き合うことも非常に重要です。店長や先輩社員が働く背中を見ているとさまざまな気づきがあり、自分の成長にもつながっていると思います。

会社の魅力について教えてください

社員のことだけでなく、家族のことも親身になって考えてくれるところが魅力です。
昨年、子供が生まれたのですが出産時や妻が入院していた期間は家庭の都合を考慮し、早上がりや遅めのシフトにするなど考えてくださりました。

妻が入院している間は私が子供のご飯の準備をしなければいけなかったため、みなさんに考慮していただけたことがとても助かりました。

「休みじゃなくても病院から電話があったらすぐに行った方がいい」と快く言ってくださったおかげで仕事のことを心配せずに病院にかけつけることができました。

会社の社風について教えてください

店舗の枠を超えて全社でのコミュニケーションが多く風通しのいい社風だと思います。先日も玉河とチカノミのスタッフで集まってBBQが開催されました。前職の飲食店はチェーン店だったため異動が多く、仲が深まる前にお店を離れてしまっていました。

スタッフと綿密なコミュニケーションが取れる環境はとても働きやすく、帰属意識も高まるためチームが一丸となってお店を盛り上げようという雰囲気がつくられます。

もうひとつは個性豊かなスタッフがそれぞれ得意なことを生かして活躍できる環境です。当店にはいろいろな年代のお客様が来店されるため、自分の個性を発揮できます。波長の合うお客様と出会い、仲良くなれるのも当店ならではの魅力だと思います。

ほかの社員もみる

expand_less