社員の声
入社3年目

一日の流れ

インタビュー

仕事のやりがいを感じたエピソード

以前、サントリーホール(コンサート場)の大修繕工事がありました。その工事で用いる材料を設定するために、京都の工場へ行き、希望の材料を確認したうえで、施工で使用する材料の提案を行いました。その提案が通ったときは、とてもうれしかったですね。さらに、自社の強みである動員数や現場の人員数を生かして竣工できたときに、お客様から「ありがとう」と言っていただけた時もうれしかったです。

仕事をする上で大変なこと

モノを売るわけではないので、価格が見えない点が難しいです。材料費だけでなく、工事費やその後のサービスによっても価格が変わります。
施工場所の条件によって、良いときもあればそうでないときもあります。そのうえで職人さんの業務やサービス内容を自分が理解していなければ、お客様に魅力を伝えることはできません。それを防ぐためにも、しっかり現場の方とやりとりをしながら、わからないことはすぐに聞いて疑問がないようにしています。

サンワードを選んでよかったと思えたエピソード

新しいことにチャレンジできる環境が魅力だと思います。私が入社した当初は、営業が1人もおらず、既存顧客を維持しながら、ゼロから新規顧客を開拓することが多くありました。事業内容としては消火設備工事や空調設備、配管工事があるので、幅広い業務を経験できていることが魅力だと思います。幅広い業務を体験することで、わからない専門用語などもたくさんあるので、自分で資格を取得できるように日々勉強しています。

今後のビジョン

まずは営業職というポジションで与えられたノルマを達成していきたいと思います。最近は後輩もでき、部下をマネジメントすることも増えてきたので、よい上司になるためにマネジメント力を磨いていきたいと思います。

部下を育てるにあたって気を付けていることは、相談しやすい環境づくりです。困っていることや悩みごとはすぐに聞くようにして、定期的に行う飲み会で悩みを解消できるように努めています。

ほかの社員もみる

share!

expand_less