職員の声

一日の流れ

インタビュー

入社のきっかけと仕事内容

現在は利用者様のお部屋で、入浴や排せつの介助を行っています。なかには閉鎖的になってしまう方もいらっしゃるので、常に明るい会話と、元気な対応を心掛けています。

これまでもずっと介護の仕事に携わっていて、以前はグループホームのデイサービスを転々としていました。当社の入社の決め手となったのは、求人広告です。求人広告を見た時に、介護者の事をしっかり考えてくれているというのが文面で伝わってきました。長時間拘束や夜勤がないというのはとてもありがたいですし、まさにそういう働き方を求めていたからです。また、介護業界はどうしても仕事ができる人に仕事が偏る傾向にあります。そういった偏りもなく、平等に仕事ができるという部分に魅力を感じました。

やりがいと大変さ

当社は男性の利用者様のみなので、入社したばかりの時期はどうしても敬遠されてしまうこともありました。しかし、何度も訪問していくにつれて自分の事を認めていただき、利用者様側からいろいろなお話をして下さることが増えました。利用者様が少しでも楽しく生活できていると実感できる瞬間でもありますし、「自分が役に立てたんだな」と嬉しい気持ちでいっぱいになります。

一方大変なこともいくつかあります。残業が無い分、限られた時間内でやらなければならない業務が多く、それぞれの優先順位を元に組み立てる事が大変です。しかし、毎日訪問後に先輩スタッフに相談できる時間があるので、アドバイスを聞きながら改善するようにしています。少しずつ攻略できると楽しいですし、それがやりがいにもつながっていきます。

この会社の魅力

色々なデイサービスを転々としているから言えることなのですが、介護現場の環境は経営者の考え方によって大きく異なります。大きな会社ほど人員があふれ、教育まで追いついていない現場も多く見られます。しかし、当社の場合は社長自らが現場に入られて、現場の状況を把握してくれているので、介護者に寄り添った対応をしてくださってます。入社間もない私でも社長の行動によって、当社が大切にしている介護スタイルを理解する事ができましたし、本当に素敵な職場です。

まだ入社間もないので、まずは利用者様一人ひとりの事を把握できるよう成長していきたいと思います。すでにある資料の中の情報だけではなく自分自身の経験を通して得られる情報を積み重ねて、利用者様に必要とされる存在を目指していければと思います。

仲間のコメント

利用者さんの事を細かく知ろうとして熱心に勉強されている。
分からないことも隠さず聞いてくるところも素晴らしい。
一日一日ごとに成長を感じています。

久保 柾貴

ほかの職員もみる

share!

expand_less