職員の声

一日の流れ

インタビュー

入社のきっかけと仕事内容

前職でも介護関係の仕事に携わっていました。これまで私が勤めていた職場は夜勤があり、早番や遅番など勤務時間もバラバラだったため、プライベートの時間を確保する事がそう簡単ではありませんでした。しかし、当社は夜勤がなく日勤だけですし、仕事の時間も固定されているため生活とのバランスが非常に取りやすいです。私がまさに求めていた環境だと感じ、入社を決意しました。

現在では訪問介護士として、利用者様の部屋の掃除や洗濯など生活の介助、日常生活に必要な物品の買い物の援助を行っています。信頼関係を築き、距離を縮める事はもちろん大切ですが、距離感の取り方次第では友達のような雰囲気になってしまいます。そうではなく、一人の利用者様の尊厳を大事にするために丁寧な対応を心掛けています。

やりがいと仕事の大変さ

利用者様の部屋のレイアウトや引き出しの中の整理をした結果、喜んでもらえたときはとても嬉しかったです。利用者様のなかには、ご自身で部屋の掃除をすることが難しい方もいらっしゃいます。そういった方が過ごしやすいようにご本人や他のヘルパーさんたちと相談をしながら、片づけを進めていきます。その結果利用者様から「ありがとう」という言葉をもらえた時はこの仕事をしていてよかった!と改めて実感できました。

他のヘルパーさんと相談しながら仕事ができる分、入社間もない頃は自己判断で動かなければならない場合と事務所の従業員で考えてやるべきことの区別をつける事が大変でした。あまりにも細かく周囲に質問していたら仕事が進まないですし、自分の知識を付けていく必要があると再認識しました。

この会社の魅力

周りの職員と協力しながら仕事ができる雰囲気が魅力的です。一人で抱え込むことはほとんどなく、悩みがあればすぐに相談する事もできます。今はちょうど新人育成を強化している時期ということもあり、新人職員がどのようにすれば長く働きたいと思えるか、というのを職員全員で試行錯誤しています。全員が指導をするぞ!という心持ちでいますし、まさに人間関係を大切にしている環境です。

今後は、自分のやり方だけではなく先輩の記録などを読みながら、「こういう事を気にしなきゃいけないのか!」という気付きを得ていきたいと思います。そのうえで日々の仕事を丁寧にやり、自分自身がステップアップしていきたいです。

仲間のコメント

誰にでも分け隔てなく、落ち着いて対応ができる人です。
困ったときも一人で抱え込まず相談してきてくれるので情報を共有することができています。


田澤 めぐみ

ほかの職員もみる

share!

expand_less