職員の声

一日の流れ

インタビュー

仕事内容と大切にしていること

現在は管理者・サービス提供責任者として、利用者様の介護計画書の作成や、ケアマネージャーさんとの連携、職員のシフト管理や経理業務、採用時の面接を担当しています。現場の人材が不足している時は稀に現場に入ることもあり、立ち上げ当初は1日7時間~8時間ほど現場でケアに入っていました。現場でのお仕事も利用者様から「元気だね」と声をかけてもらう事が多く非常に楽しみながら働けています。

当社は一緒に働く仲間を大切にしています。これは立ち上げ当初から大事にしている考え方で、今後もこの軸はブラさないでしょう。そんな中でも当社を選んでくれて、仲間として働いてもらう事。そして長く続けてくれている職員にはとても感謝していますし、成長を見守っていきたいと考えています。

職員との印象深いエピソード

職員がつらい時でも一丸となって、前向きでいてくれることが嬉しいです。
責任者として、一年に数回は人員確保に関して頭を悩ませる事があります。先日は、3名の職員が立て続けに怪我や病気で入院してしまい、復職の目途が立たない時期がありました。そうなると人員の確保は難しいですし、他の職員の負担も大きくなってしまいます。そんな中でも職員全員が「がんばりましょうね!」と明るく声をかけてくれて、当事者意識を持って働いてくれています。職員に支えられていると実感できる瞬間でした。

私もそんな職員の支えになれるよう、相談しやすい環境を整えています。私自身もどんなに大変な時でも、笑顔でいる事を心掛け、話しやすい環境を作る事で職員のケアに努めています。

他の会社にはない魅力

当社には90名近くの入居者様がいらっしゃいますが、全員がとても素敵な方です。まるで家族のように思えるくらい近い存在で、信頼関係を築きながら介護ができる環境だと思っています。職員同士の人間関係だけでなく、入居者様とのコミュニケーションもとても大切にしているので、そこは当社の魅力だと自信を持って言えます。

今後、当社は老人ホームや訪問介護だけではなく他の分野にも挑戦していく予定です。人材を育てていけば施設の拡大の可能性も広がると思っています。さらに、研修を充実させて、職員に様々な資格や知識を持ってもらえるように人材育成の環境を整えていこうと考えています。

仲間のコメント

何か問題が起きてもすぐに対応してくれたり、思いやりを持って接してくれます。仕事のことだけでなく、色々なことをユーモアを持って話してくれるので楽しく仕事ができます。底抜けに明るい性格で、周りはいつも笑いが絶えません。


宇野 直美

ほかの職員もみる

share!

expand_less