社員の声
2008年入社

信和設計株式会社採用サイト社員の声画像

設計部(構造)

インタビュー

入社したきっかけ

私は中国の大学で土木を学んでいたので、この業界に進むことは必然でした。
以前に勤めていた会社では、機械的に決まった仕事をこなすことが多い下請けが中心。私には合わないと思い、自分の考えを活かして働ける元請けの仕事を探していたときに、この会社と巡り合いました。

現在の仕事内容

メインで取り組んでいる仕事は、ボックスカルバートや擁壁といった道路の構造物、橋梁設計などです。最近では、古くなった橋梁の補修設計も手掛けています。仕事で大切なのはミスを犯さないこと。常に入念にチェックすることを心がけて仕事をしています。

仕事のやりがい

国のインフラ整備(道路)に貢献できていることが嬉しいです。この仕事をやるうえでの一番のやりがいと思っています。
過去に設計に携わった施工物件を、完成後に見に行くこともあります。頑張って仕事をしていたときのことを思い出しながら眺めているのが好きです。

仕事で厳しいと感じる部分

ウチの会社は小規模で、決して人数が多いとはいえません。ですから、ひとりで橋の計画を立てたり、ボックスカルバートを手掛けるなど、任せられることがたくさんあります。いつどのような仕事が舞い込んでくるのかは、予測がつきません。日頃からチャレンジする姿勢が必要とされるので、甘くはないと思います。
やったことのない設計を行うのは確かに大変ではあります。しかし、やり遂げた後の喜びはとても大きいので、どんなに厳しい仕事であっても乗り越えられるのです。

信和設計の魅力

いろいろな設計に関わる機会が多いのが、当社の魅力です。私は同じ仕事を繰り返し行うことが好きではなく、新しい仕事にチャレンジし続けたいと考えているので、この会社に入ってよかったと満足しています。

将来、成し遂げたいこと

チャレンジには楽しいことばかりではなく、厳しさも伴います。でも、素晴らしい先輩たちのアドバイスによって、私は成長することができました。入社を考えている皆さんは、どうか安心して入って来てください。仕事を通じて勉強できる素晴らしい環境だと思っています。そして、先輩や後輩たちと一緒に、より強くて素晴らしい会社をつくっていくことが、私の願いです。

ほかの社員もみる

share!

expand_less