社員の声
2017年入社

インタビュー

入社のきっかけ

当社の説明会に参加したときの私は、“そもそも、ITってなんだ?”という状態でした。ところが説明を聞くうちに、開発の仕事の奥深さを知ったり、運用という未知の領域に興味を覚えたりと、新しい発見がたくさんありました。また、開発や運用の仕事はさらに細かく分かれていて、多種多様の業務があることを知り、ITの仕事にどんどん惹かれていきました。

いくつかのIT企業にエントリーしましたが、なかでも仕事の種類が豊富だったのが当社でした。実際に、学校の卒業生も当社で活躍しており、その先輩たちの「自分の意見が言いやすい」「親身に面倒をみてくれる」というお話も入社の決め手になりました。

研修とOJTについて

研修では技術面はもちろん、社会人常識やビジネスマナーなども教えてもらいました。特に印象的だったのが身だしなみ研修。アパレルの店長様をお招きし、スーツの着こなしやコーディネートなどを伝授していただきました。私は「ワイシャツはもう少し小さいサイズのほうが合っているよ」とアドバイスをいただき、その通りサイズダウンしてみると見栄えが格段にアップ!初めて知る情報ばかりでとても面白かったですね。

私は同期の中で最も早く、入社2ヵ月目にOJTで現場デビュー。開発のポジションで、先輩のお手伝いやテストに携わりながら、システムに関する知識や現場での働き方、議事録の作成方法などを学びました。その後、現在の現場に移り、webアプリケーションの開発・保守・運用に携わっています。最近では、それまでリーダーが担当していた重要な業務を私に任せてもらえるようになり、少しずつ成長していることを実感する日々です。

サイド・ビィの魅力

先輩方が本当にいい人ばかりで、親身になって指導をしてくれるところが魅力です。OJTで現場にいた頃、私は議事録を作成する役割だったのですが、知識不足で話している内容もわからなければ、文章力にも自信がなくてどう書いてよいのかもわからず、ずっと悩んでいました。

そんな私に付きっきりで教えてくれたのが、現場の先輩方。交代で私の面倒を見てくれて、いろいろな指摘やアドバイスをしてくれました。みなさん忙しいなか、嫌な顔ひとつせずに私に時間を費やしてくれたことは、今でも忘れられません。本当に良くしてもらったので、OJTを卒業して次の現場に行く時は、それまでのことが走馬灯のように蘇って思わず涙がポロリ(笑)。それぐらい魅力的な人がそろっています。

これからは後輩ができるので、私がしてもらったように、温かく指導していきたいと思っています。

ほかの社員もみる

share!

expand_less