社員の声
2014年入社

インタビュー

入社後のキャリアステップ

私は文学部出身で、就活中はITに限らず様々な業界を見ていました。そんな時に出会ったのが当社。SEだけでなく、いろいろな業務に挑戦できる点が魅力でした。また、出向先企業の業種も多様なので、当社なら様々な経験ができると思い、入社を決めました。

入社後の2年半ほどは運用担当として、公共団体のBPO(他社の業務の一部を請け負うこと)案件のデータ入力や電話対応を行いました。その後、PMO(プロジェクトマネジメントオフィス)として、BPO案件の進捗管理や課題管理、プロジェクトマネージャのサポートなどを行っています。

PMOになったばかりの頃はわからないことだらけでしたが、ベテランの先輩が付きっきりでイロハを教えてくださったので、未経験でも安心して新たな業務に挑戦することができました。

PMOの醍醐味、難しさ

PMOとして初めて携わった案件が出向先企業内で“優良案件”として表彰されたことがあり、そのときの達成感は絶大でした。その案件は規模が大きく、細かなタスクが大量に発生するものだったため、頻繁にリマインドを行うなど、かなりこまめに現場のみなさんと連携を取りました。そうした行動によって多少なりとも貢献できたと思っています。さらにその後、同じ得意先様から新たな案件を受注でき、その新規案件のPMOとして名指しでご依頼いただいた時も嬉しかったですね。

もちろん、PMOには難しさもあります。PMOの仕事は決まったやり方がないので、案件やプロジェクトメンバーの特性に合わせて臨機応変に対応することが“肝”になります。はじめのうちはそれがわからず、決まったやり方を押し付けてしまい、作業の非効率を招いてしまったこともありました。それ以来、工夫を凝らして柔軟に対応することを心がけています。

サイド・ビィの魅力

まったく未経験の分野でも、「やりたい!」と手を挙げれば挑戦させてもらえることです。まわりの方々を見てもやりたいことを叶えている人ばかりですし、私も未経験ながらPMOにチャレンジできました。今後はPMOの経験を生かして、マネジメント系の仕事に挑戦したいです。

また、どんなことでも相談に乗ってくれる先輩方がいるのも魅力のひとつ。私自身、先輩にとても助けられているので、同じように私も後輩のみなさんからなんでも相談してもらえるように接したいです。

ほかの社員もみる

share!

expand_less