社員の声
2013年入社

インタビュー

入社後のキャリアステップ

入社初年度~2年目の途中までは、顧客情報を管理するデータ運用を担当しました。その後、開発の案件に挑戦するようになり、企業向け勤怠管理システムのソフトウェア開発を経て、現在は決済系システムの開発に携わっています。

実は、私はもともと開発志望ではありませんでした。情報系の大学に通っていた頃は、IT系の仕事に就こうと漠然とは決めていましたが、運用や開発など具体的な業務まではイメージできていませんでした。そんななか「レコードのB面のような陰で支える人材を輩出していく」という社訓に惹かれて当社に入社しました。

先述のとおり、当初は運用に携わっていましたが、次第に開発への興味が強くなって「開発の仕事がやりたいです」と会社に希望を出したところ、開発の現場へ行くことができました。手がける事業の幅が広く、社員の挑戦を後押ししてくれる当社だからこそ実現したキャリアステップだと思います。

仕事で大変なこと

現在携わっている決済系システムはお金に絡むものなので、たったひとつの些細なバグが“命取り”になります。また、開発段階ですぐにバグを発見できればいいのですが、ほんの小さなバグでも見逃してしまうと後工程でエラーを招き、他のメンバーの工数を増やしてしまいます。学生時代は自分で作って、自分で確認して、エラーが起きれば自分で直せばよかったのですが、今はチームとして製品をつくっているので、自分が失敗するとチームに大きな迷惑をかけてしまいます。

そのため、確認作業は怠れません。自分でチェックリストを作成し、ひと通りクリアできたら、今度は上司やチームリーダーなど第三者に確認してもらう“ダブルチェック”を欠かさずに行っています。

サイド・ビィの魅力

成長意欲の高い人にどんどんチャンスを与え、成果を出せばしっかりと評価してくれる環境が当社の魅力だと思います。実際、私もまだ20代ですが主任という役職をいただきました。年功序列ではなく、若手にもチャンスがあるのは嬉しいですね。

私は今後、マネジメントの道に進みたいと思っています。目標は今の現場のリーダーで、プロジェクトの進め方に工夫を凝らしている姿は勉強になります。そのリーダーをお手本にしながら成長したいですね。また、主任という立場でもあるので、当社のマネジメントにも積極的に携わっていきたいと思います。

ほかの社員もみる

share!

expand_less