社員の声
ショートステイ担当 主任・相談員

インタビュー

部下に仕事を任せるのが上司の仕事

自分にしかできない仕事が少しでもなくなるように、部下にどんどん仕事を任せるようにしています。しかし、色々なことにチャレンジしてもらう中で、できない部分はどうしても出てきます。その時にフォローするのが私の役割です。 

彼らが仕事を覚えれば、施設全体の介護スキルは高まりますし、彼ら自身の可能性も広がります。それに本人の自信にもつながって、楽しく働いてもらえると思っています。

特別養護老人ホームの経験を活かす

以前は特別養護老人ホームにいましたが、特養では10年キャリアを積んだため、また違う分野を勉強したくなったので、異動希望を出してショートステイのフロアに移りました。実際にこちらにきてみると、同じ高齢者福祉ではあっても、実際の業務や介護保険制度など色々な面で違いを感じました。 

ただ、特養にいたころのスキルを活かせることも多かったですね。身体的・精神的な介助についてもそうですし、利用者さんの体調が急変したときの対応もできます。

法人内で新しいキャリアにチャレンジできる

現在は相談業務がメインで、ショートステイにいらっしゃる外部からのケアマネジャーさんや、利用者さんのご家族の窓口的役割を担っています。お困り事があればそれを伺ったり、施設の日程調整なども行います。 

今後は、同じ法人内に在宅介護支援センターがあるので、そちらで経験を積みたいと思っています。普通の事業所と違うことも多く、新しいキャリアを積めると思っています。最近ケアマネジャーの資格も習得したので、それを活かしたいですね。

命にかかわる仕事という自覚

以前、利用者さんがあるものを食べたいとご要望されたので、「私が次に出勤するときに準備しますね」と言ったら、次に出勤する前にその方がお亡くなりになってしまったんです。その時、日々、命にかかわる仕事をしているんだなと実感しました。 

そのような気持ちを大切にして利用者さんに真摯に接することで、お亡くなりになられた利用者さんのご家族から感謝していただくこともあります。もちろん、さみしさはありますが、「私にできることはやれた」と後悔することはありませんでした。これは私の仕事人生で大きな経験となりました。

ほかの社員もみる

share!

expand_less