職員の声
0歳児クラス担当保育士

インタビュー

新蒲田保育園で働くことを決めた理由

クラス担任A
子どもが好き、そして絵が得意という自分の特徴を生かせるのは保育士の仕事だと思い、この仕事を志しました。就職活動の際に色々な保育園を見ましたが、ここは先生方が温かく迎えてくださって、とても雰囲気がよかったんです。それに週の出来事がボードで情報共有されているのを見て、こういう保育園で働きたいと思い志望しました。

クラス担任B
私はもともと別の業界で働いていたのですが、子どもが好きで子どもにかかわる仕事がしたいと思い、専門学校に入りました。ちょうど民営化するのにオープニングスタッフを募集していた時期だったので応募し、縁あって働けることになりました。

保育士として働き始めて

クラス担任B
保育園が民営化するタイミングで働き始め、3年勤めたところで産休・育休をいただきました。その後は0歳児クラスなどで担任を持ち、2度目の産休・育休を経て、クラスリーダーをしました。0歳児クラスは担任の先生が6人いるのですが、その先生たちとクラス運営をし、メンバーの体調管理やシフト調整などをしていました。クラスリーダーになってからは子どもたちの保育だけでなく、先生と向き合うことが増えましたね。現在は、0歳児のクラス担任を務めています。

クラス担任A
私は就職活動をして内定が出てから、アルバイトや研修を通して園に通いました。いきなり保育士として始めるよりも慣れますし、一緒に働く先生たちや子どもたちとの交流が持てたのでよかったです。何もわからない状態より、少しは知識があった方がスムーズに4月を迎えられますよね。自分の担当が発表されてからはクラスごとにわかれ、同じクラスの先生に色々なことを教わりました。

子どもたちと接するなかで心がけていること

クラス担任A
現在は0歳児のクラスを受け持っているのですが、まだ小さいのでこちらの気持ちが伝わらず、感情的になりそうな瞬間もあります。そんなときはまず、子どもの目線に立って考えるようにしているんです。それから0歳児は喋ることができないので、その日あったことを保護者の方に話すこともできません。しかしお母さんはお子さんがどんな一日を過ごしたのか気になると思うので、「今日はお母さんにこのお話をしよう」と決めたことをこまめにメモして、お迎えの時に伝えています。

クラス担任B
0歳児クラスは、生まれて初めて集団生活を経験する子たちの集まりです。だからこそ保育園を安心できる場所に、そして先生は安心できる人にならなくてはいけないと感じます。そのために保育を通して交流をたくさんもち、信頼関係を築けるよう努力しています。保護者の方にとっては、やはり話しやすい先生の方が安心できますよね。だから常に笑顔を心がけ、お子さんのことをたくさんお話するよう心がけています。

仕事でやりがいを感じる瞬間

クラス担任A
上手にご飯を食べられた時や、きちんと着替えができた時は、積極的に「できたね」と声をかけるようにしています。そうするとこちらの気持ちが伝わって、ニコッとほほえんでくれるので、嬉しいですね。反対に、事前に計画を立てても、思った通りにいかないこともあって。いつのまにかあっちの子もこっちの子も泣き始めて、どうしようと焦ることもあるんですね。そういう時は難しさを感じます。

クラス担任B
最初の夏祭りでは、同期たち8人で岡山のうらじゃという踊りを披露しました。仕事の合間を縫ってみんなで集まり練習を重ね、当日は盛り上げることができて嬉しかったです。ただ単に子どもたちに何かをさせるのではなく、自分たちがこうした取り組みをして楽しんでいる姿を見せられたのは、とても貴重な経験だったなと思います。

仕事で不安や大変さを感じるとき

クラス担任A
保育をするなかで、今でも不安なことは山積みです。ふと、子どもとどうかかわったらいいんだろうと悩む日もあります。しかし園にはベテランの先生も多く、先輩方にいろいろと質問すると真剣に向き合って答えを返してくれます。その繰り返しにより知識も増えてきて、どんどん視野が広がるので、自分の成長につながっているなと感じますね。

クラス担任B
クラスリーダーとして担任の先生たちと色々なやり取りをしていますが、どの先生もそれぞれ自分の考えや保育観があります。これを共有して一つのクラスとしてやっていくことは、簡単ではありません。また、保護者の方にお子さんの様子を伝えるのですが、同じ話をしても受け取り方は人によって様々です。だからこそ伝え方は難しいですね。先生たちで情報を共有し、この方にはこういう言い方をすると伝わりやすいなどフォローし合っています。

今後の目標

クラス担任A
私はまだ1年目ということもあり、あれもやらなきゃ、これも忘れないようにしなきゃと、落ち着ける時間がなかなかありません。しかしそういう状況でも、自分の得意なことをもっと伸ばしていきたいですね。もともと絵が得意なので、制作をしたり手作りおもちゃを作ったりといった面で、もっと活躍したいです。これはだれにも負けないと言えるものができたらいいなと思います。

クラス担任B
私自身子どもがいるので、仕事と子育てを両立させなければなりません。家族や先生方など、周りの人の協力を得ながらこれからも仕事を頑張っていきたいです。そのためにはまず自分自身が健康でないといけないので「早寝、早起き、バランスよくたくさん食べる」という3つの基本を守って、いつでも元気な先生でいるようにこれからも心がけていきます。

ほかの職員もみる

share!

expand_less