社員の声
2017年 新卒入社

インタビュー

魅力的な建築物に惹かれて入社

私は両親が建築業界で働いていたことで建築に興味を持ち、大学でも建築を学んでいました。そのなかでもRC造(鉄筋コンクリート構造)を学びたいという思いが強く、そんな折に当社と出会いました。実際に当社が建築を手がけた「表参道けやきビル」や「カスケード原宿」を見に行き、少し奇抜で変わった建物に魅力を感じ、ぜひ当社で働きたいと入社を決めました。

現場研修が一番の勉強の場になる

入社して1ヶ月は本社で研修を行います。その後現場研修に入り、2週間ごとに4つの現場をまわります。それが終了したら各現場に本配属となり、現場のOJTで仕事を学びます。一般的な施工管理の研修はパソコンを使用して書類を作成したり、図面を書いたりすることが多いと耳にしますが、当社では早くから現場に出て、現場の作業を学ぶことができるのでとても勉強になりました。

多くの人と仕事をする難しさ

現場ではたくさんの人と一緒に仕事をしており、多い時には1日に何十人もの職人の方がいらっしゃいます。そのなかで仕事が円滑に進むよう上手くコミュニケーションを取らなければならないのが難しいです。現場の管理者として質問を受けることもありますが、まだ入社3年目の私には答えられないことも多いです。今は上司に助けていただいていることが多々あるので、いずれは自分で対応できるように勉強しています。

上司との距離が近い会社

私が入社するきっかけにもなった、一風変わった建物を施工できるという点が大きな魅力だと思います。なかなか他の会社でできることではないですし、当社だからこそできるものだと思います。また、社長など役員の方との距離が近く、話す機会も多く持つことができるのも良い部分ですね。

経験を積んで、1日も早く独り立ちを目指す

現在は上司と二人で現場に入っていますが、いち早く一人で現場を任せてもらえるように仕事に励みたいです。分からないことをどんどん上司に聞くことができるのは、1年目~3年目の特権だと私は考えています。今は積極的に様々なことを吸収し、独り立ちできるように頑張ります。

ほかの社員もみる

share!

expand_less