社員の声
株式会社ぷらいむ

18歳で入社後、20歳で店長、21歳で最年少マネージャーとなる。4店舗の運営管理、新店舗の立ち上げに従事。現在は経営企画室にて、現場で働くスタッフにとって働きやすい環境づくり、取り組みに注力している。

一日の流れ

インタビュー

仕事内容について教えてください

エステティシャンとして入社してから18年間、ずっと現場で働いてきました。2016年5月から本社の社長企画室の配属となりました。現在はこれまでの経験を活かし、現場の意見や希望をしっかりと聞き、それを基に改善策を考えたり本社が企画した内容をどのように伝えれば理解してもらえるかなど日々考えています。また、現場のより良い環境づくりや制度づくりにも取り組んでいます。

マネジメントにおいて大切にしていることは何ですか?

本社の社長企画室では、会社として成長していくための施策や問題点の改善に注力しています。また、これも大切なことですが、今まで身に着けてきた現場の感覚を活かして各店舗のフォローをしつつ、現場の生の声に耳を傾けています。常に現場の感覚を忘れないことを大切にしています。

現場は常にお客様と接する場所なので、褒められたり喜んでもらえたりすることもありますが、時にはお叱りをいただくこともあります。良くも悪くも非常に濃い時間を過ごします。
だからこそ、そこで働くスタッフたちがこの先も長く活躍できるような制度やどのようにフォローをしていくか考えていかなければなりません。
その道筋をつくることが現場と本社の架け橋となるマネージャーとしての仕事だと思っています。

今後、どのようなチームを作っていきたいですか?

現在、当社では「One Prime」をキーワードに、各部署がひとつになろうという取り組みを行っています。

その一環として情報の共有をしっかりすることを徹底しています。たくさんの意見を出し合いながら、会社全体で取り組んでいます。
この情報共有が全体的に機能していくことができれば、ひとつの組織としてより良くなるのだと思います。

今後、導入していきたい制度はありますか?

一部店舗では導入しているのですが、全店舗に二交代勤務制の本格的な導入を進めていきたいと思います。
エステティシャンはサービス業なので、ご予約があればしっかり休憩が取れないということがあったり、お客様のご予約に合わせて営業時間が長くなったりすることもあります。

お客様を優先することも大切なことですが、スタッフがメリハリをつけて働けるシステムをつくっていくことも重要なことです。

この二交代勤務制を実現させるためには、採用や教育に注力していくことはもちろんのこと、サービス自体の見直し、サロンワークなどの業務効率の改善などにも着手していく必要があると考えています。

会社の社風について教えてください

現場を第一に考えてくれるので、本当に社員一人ひとりを大切にしてくれる会社だと感じています。だからこそ、誰にでもキャリアアップのチャンスやさらなるステップアップの道があります。

例えば、エステティシャンとして入社しても店舗をまとめる責任者や技術を教えていくトレーナー、本社の研修センターでスタッフのサポートをするスーパーバイザーなどひとつの道だけではなく、様々な選択肢があり一人ひとりの可能性を広げていくことができます。

私自身、20歳で店長を任せていただいたり、21歳でマネージャー職にも挑戦させていただけました。

今後の目標について教えてください

良い意味で会社を変えていく、というのが大きな目標です。

極論、本社と現場が何も言わずともお互いの考え・気持ちが伝わるのであれば、私の役割はいらないと思っています。
現場の大変さがどれぐらい深く、どれぐらいの重みなのか…そういった現状を本社に伝えて、社長企画室として現場の環境を整えていきたいと考えています。
そして、本社は現場のことを大切に思い、一歩も二歩も先のことを考えています。その理解の差を埋め、お互いハッピーに働けるような環境をつくっていきたいと思っています。

仲間のコメント

社長企画室の室長として、全店・全グループに関わる企画立案を行い、推進していただいています。エステティシャン歴が20年以上あり、現場の事も熟知しているので、とても頼もしく心強い方です。

(株)Wara Fuku事業部長 
杉本

市場室長は唯一の同期でとても大切な仲間です。環境の変化に強く、どんな場所でも前向きな発想で、周りの人を明るく導いてくれる素敵な女性です。

トレーナーチーム
有馬

ほかの社員もみる

share!

expand_less