社員の声
2017年入社

一日の流れ

インタビュー

仕事内容・心掛けている事

金型部品の加工の最終工程である、ワイヤーカットのオペレーターをしています。大きさも形状も異なる加工物を図面通りに仕上げるために、プログラムを編集し機械を動かします。納期を守るためにも、複数の機械を効率よく動かして、一点でも多く加工を仕上げていくことに努めています。

実際に自分が加工したものが仕上がっていくのを見るのは面白いです。さらにはそれが組立の段階に回り、完成した金型を打ち込み、お客様先へおろすのですが、その工程の一部分を任せて頂けている事にやりがいを感じています。

印象的な出来事

加工物は、手のひらサイズの小さなものから大きな金属の板材など様々な形状があるため、一つひとつをセットする際にミスしないよう心掛けています。また、基本の業務を一人でできるようになった時期に、段取りを間違えたことで加工物が失敗し、再製作になってしまったことがありました。とても焦りましたが、先輩方にフォローしていただき、改善策と新たな方法を教えて頂きました。それ以降は同じミスを繰り返さないよう、普段以上に心掛けています。

先輩たちとの距離感はとても近く、わからないことがあれば聞きやすい雰囲気です。たまにはプライベートな話をすることもあるので、楽しみながら働くことができています。

この会社の魅力

当社は幅広い年齢層の社員が活躍しています。その分、技術に熟練された方々が多くいらっしゃるので、わからないことや基本的な技術を学べる環境に恵まれています。また、私自身も面接で「ワイヤーカットの業務をやらせてほしい」と伝えた結果、現在の仕事を任せてもらえています。意見を発すれば本人の意欲と能力に応じて、挑戦できるチャンスがあります。話をしっかり聞いてもらえる雰囲気なので、とてもありがたいです。

ゆくゆくは多能工として、一つの仕事に限定せずに他の仕事にも携わり、マルチに活躍できる存在になりたいと思います。そのためにはまずは現在の業務に集中し、一人で全てをこなせる技術を身に付けていきたいです。

仲間のコメント

とても努力家で、図面の見方や測定器の使い方などの基本を教えるとすぐに使えるようになったのには驚きました。

機械加工課
H.K.

整理整頓が上手で常に次の作業を考えながら行動できること、これは機械オペレーターにとって最も重要な才能だと思っています。

機械加工課 課長
K.O.

ほかの社員もみる

share!

expand_less