インフォメーション

news改善活動を行っています!2020.10.20

皆様こんにちは!
オカダ工業株式会社の採用担当です。

今回は当社が行っている改善活動についてお伝えいたします!

【改善活動のきっかけ】
働き方改革が動き出し、これまでも各部署の作業を効率よくするために
2S活動などを実践してきましたが、思うように進んでいませんでした。

コロナの影響を少なからず受ける中、
ある日、新聞に大手企業(製造業)の改善活動の記事が掲載されていました。

その企業は、仕事量が減って時間に余裕ができたことから、
機械(設備)の整備やちょっとした工夫による改善を行うことで
フル稼働した時に故障を減らしたり、生産性を上げることにつなげようと取り組んでいました。

社内会議でこの話題が上がり、弊社も改善活動を行うことが決定いたしました!



具体的にどのような部分を改善したのか、こちらでご紹介します!

【改善点】
1.資料室の整理
  製作してきた金型でプレスした製品サンプルの整理。
 作った設備(金型)自体は手元に残りませんが
 今までどんなものを作ってきたかがサンプルで分かるので、
 積み重ねてきた実績として保管しています。
 主に営業や設計者が活用しています。

2.在庫部品の整理
 購入部品の在庫を整理して、
 新しく購入せず在庫から使用するようにしました。
 主に設計者や購買担当者が気を付けています。

3.クレーン設置
 機械(マシニングセンター)ごとにクレーンを設置し、
 クレーン待ちが起こらないようにし、効率UPすることが狙いです。

4.角材置き場の整理
 機械加工前の角材(鋼材)の置き方を工夫して、
 パレット毎にフォークで運べるようにしました。
 積み重ねが可能な4本支柱のパレット保管棚を設置し
 狭い場所を広く使えるようにしました。

5.鋼材ラックの製作
 鋼材(重量物の材料)を段積みするのではなくて、
 ラックに立てかけて保管することで、取り出しの時間短縮をします。
 積み重ねて置くと下の材料を取り出すために
 上の物を移動させなければならないので、それだけ無駄な時間がかかります。
 このラックは製作中ですが、耐荷重等を考慮した設計、溶接技術を使って製作しています。

今後もこのような改善活動を行うことで
働きやすい環境づくりに努めてまいります。

ご興味のある方がお気軽にお問い合わせください!


share!

expand_less