ごあいさつ

中原保育園では、子どもたちがのびのび、楽しく過ごせることを大切にしています。
楽しく過ごすためには広い園庭、綺麗な設備はもちろん、保育士の笑顔も欠かせません。

私が心がけていることは、先生方が気分よく、楽しく保育に集中できるようにすることです。
先生方に元気がないと、子どもたちも不安になり、良い保育にはつながりません。

保育業界には理想と現実のギャップに挫折してしまう保育士がいます。保育士の多くは、子どもが大好きで、とても素晴らしい情熱を持っているのですが、子どもとの接し方や、自分の考える保育ができないという壁にぶつかり、挫折してしまうのです。

しかし、モチベーションが保てるような労働環境と適切な指導があれば本来持っている力を発揮することができます。私はその挫折を乗り越えるためのお手伝いやノウハウを提供していきたいと考えています。実際に、環境づくりだけではなく、給与などの処遇改善に努めています。そして、一人でも多くの輝く保育士さんに誇りを持って仕事をしてほしいと思っています。

私自身、保育士として現場にいましたので、仕事の大変さや悩みを痛いほど理解できます。だからこそ、今まで学んできたことを職員に伝え、それをステップに乗り越えてほしい。そうすれば毎日が楽しくなり、笑顔で子どもと接することができるようになります。

保育士はとても魅力的な仕事です。子どもは毎日少しずつ成長していき、いろいろな顔を見せてくれます。一日として同じ日はないのです。子どもたちと一緒に成長し、喜びを分かち合えるこの仕事は、とても大きなやりがいを感じる事ができます。

大切なお子様をお預かりする保育園ですから、子ども達に直接かかわる職員の質は重要です。職員が笑顔で働き、子どもたちも笑顔で過ごせるような保育園づくりに努めています。

園長 中久喜 直保美

share!

expand_less