社員の声
2019年入社

インタビュー

入社のきっかけ

専門学生時代、アルバイトとして仕事をしていました。現在の本部長と同じ店舗で働いていたことと、ヘルプできた社員さんの働く姿をみて、「こんな職場で働きたい」と思うようになりました。その後、本部長に声をかけていただき、入社を決めました。オンとオフがしっかりしているところもすごく居心地がいいと感じています。

仕事内容について

仕事内容としては、店長を任せてもらっているので、仕込みやオープン準備、アルバイトの指導、売上の確認、日報の作成など店舗運営に関すること全般です。営業時間内は、キッチンに立ち、ホールのサポートをしたり、常連のお客様の獲得などにも尽力しています。そのほか、社員がアルバイトのマネジメントをしているのですが、そのサポートもおこなっています。

仕事でやりがいを感じたエピソード

まずは、基礎的なことを指導するように心がけています。その上で、動きをみてサポートするというスタンスをとっています。スタッフが仕事を覚えて、成長した姿をみると、非常にやりがいを感じます。また、常連のお客様からの「やっぱこの料理おいしい」という声をいただくと、この仕事をしていてよかったと思える瞬間です。

仕事で大変だったエピソード

接客業で、お客様との距離が近いため、一番大変なのはクレーム対応です。苦手意識もあり、最初は対応の仕方で四苦八苦していました。今はトラブルが起きないよう、あらゆる準備をしっかりすることを意識しています。営業時間内も店舗全体を見ながら、何かあれば自分が率先して対応することで少しずつ課題が改善されてきました。

将来のビジョン

新しい店舗を自分の手で作ることです。今、務めている店舗がリニューアル中です。1から色々と学び、より良い店舗づくりができるよう試行錯誤しています。そして、会社に認められるような結果を出せるよう頑張っていきたいです。

ほかの社員もみる

share!

expand_less