社員の声
2021年入社

インタビュー

入社のきっかけ

18歳で上京して、アルバイトを探していました。恵比寿に学校があったので、恵比寿ふじ屋でバイトを始め、2年間働いていました。その時に副社長とお話する機会があって、当社に入社したいと思いました。美容学生だったのですが、就活に不安を感じていました。同時に新型コロナウイルスの影響も出てきて、飲食での仕事にも不安をおぼえていたのですが、副社長に「店舗もこれから増やすし、サポートしていくから大丈夫」と声をかけてもらい、ここで働くことを決めました。

仕事内容について

仕事内容としては、仕込みや串の刺し方などキッチン全般の作業、ホールとすべておこなっています。お客様にオススメを聞かれて、答えたりとコミュニケーションを取っている時は非常に楽しいです。お客様との距離も非常に近くて、料理を提供した時の笑顔で私も幸せな気持ちになっています。

仕事でやりがいを感じたエピソード

仕事が忙しい時、スタッフから「助かりました」と声をかけてもらった時はやりがいを感じます。忙しい時ほど、感謝の言葉を言われると本当にうれしいです。接客している時は、お客様から「おいしかった」「また来ます」という声をもらえると、この仕事をしていてよかったと思えます。また、来店していただいた時には「久しぶり」と言ってもらえると気持ちがあたたかくなります。

仕事で大変だったエピソード

やはり忙しい時ほど、スタッフとのコミュニケーションの取り方が難しいと感じます。お客様からオーダーをもらって、キッチン担当に伝えるのですが、忙しいとうまく伝達できていないことがあります。また、当社にはさまざまな業態があるので、違うブランドの店舗に行くと仕事の仕方が違うので大変ですが、一つずつ学んでいます。

将来のビジョン

今の店舗だけでなく、他のブランドの店舗も含めてホールの仕事を極めたいと思っています。「ホールのプロ」と言ってもらえるように、一つずつ仕事の仕方を覚えていきたいです。そして、キッチンのサポートまでできるようになることが今の目標です。

ほかの社員もみる

share!

expand_less