社員の声
2017年 中途入社

インタビュー

ドクターサポート事業部を、会社の将来を担う“太い柱”に!

「医療×IT」を掲げている当社はこれまでWeb支援がメインでしたが、今ではその枠を飛び越え、歯科医院の開業支援や分院・移転のお手伝いなど、経営面の支援もしています。私が所属するドクターサポート事業部は、そのような経営支援事業を開拓する急先鋒。メディカルネットの将来を担う“太い柱”にすることが最大のミッションです。

Web支援よりもさらに近い位置で歯科医師とお付き合いするようになるため、多岐に渡るお客様の悩みに柔軟に対応していかなければなりません。とても大変ではありますが、その分先生方のお役に立てる範囲が広がりますし、自分自身がやったことのない分野にまで関われるので、得るものが非常に大きな仕事だと思っています。

歯科医師の先生に認められた瞬間

毎週末、全国各地で学会や勉強会が開催されています。私たちもブース展示などで学会に参加することが多々あります。そして、学会終了後の懇親会では治療法や歯科業界の未来に対する熱い考えを持った先生方とお話しする機会をいただけます。そこでの交流をきっかけに成約が決まったり、悩みを抱える歯科医師を紹介していただくことがあるのは、この仕事ならではかもしれません。

また、誠心誠意を尽くした結果、大きな信頼を寄せていただくこともあります。以前、懇親会の締めの挨拶のときに、ある歯科医師の先生から「歯科業界は積極的にIT化を進めるべき。そのお手伝いしてくれるのが、そこにいる細谷さんです」と何の前触れもなく言っていただいた時は言葉を失うほど嬉しかったですね。

情熱的な仲間たちに囲まれて

メディカルネットには、歯科業界や社会全体を良くしていこうと本気で考えているばかり。そんな情熱にあふれた人たちに囲まれながら働いているので、冷めてなんていられません(笑)。

時には事業部同士の意見がぶつかり合うこともあります。しかし、それも情熱が強いがゆえの衝突です。エンドユーザーのこと、クライアントのことを何よりも考え、白熱の議論がそこかしこで展開しています。もちろん、そこにはギスギスした感じは一切ありません。言いたいことが言える環境なので、個人的にはとても働きやすいですね。

ほかの社員もみる

share!

expand_less