社員の声
2018年 中途入社

インタビュー

マネージャーとしてメンバーに“奉仕”する日々

「メディカルネットのビジネスモデルを拡大する仲間がほしい」。
当時のシニアマネジャーにそう誘われたのが入社のきっかけでした。そして、社長に実際にお会いして話を聞き、この会社であれば新しいことができると確信。マネージャーとして入社することになりました。

入社後、まず印象的だったのが若いメンバーが非常に多く、それぞれに大きな裁量が与えられていることでした。しかしその反面で属人的に業務をこなす様子も目に留まり、改善の余地を感じました。そこで、私が取り組んだのがサーバントリーダーシップ、つまりメンバーに奉仕して1から10まで一緒になって考え抜くことでした。それにより、それぞれのメンバーがお客様にとって最適なプランを提案するという営業スタイルの確立を目指しています。今はまだ動き始めたばかりですが、少しずつ歯車がかみ合っていることを実感しています。

歯科医院の魅力を引き出す仕事

“顔が見える化”という言葉をよく使うのですが、歯科医院のwebサイトに院長先生やスタッフの人柄をしっかりと打ち出すことはとても効果的です。というのも、歯科を探す患者様は、ホームページでトップページを見た後、スタッフ紹介ページを閲覧する傾向が非常に強いからです。歯科医院の魅力をより一層引き出すことで集客に貢献し、「ありがとう。おかげで患者さんが増えました」「医院のことを一番に考えてくれますね」といった言葉を頂けることは嬉しいですし、モチベーションにもつながりますね。

フェアでフラットな職場環境

当社はとてもフェアでフラットな職場だと感じています。やればやるだけ自分に返ってきますし、会議などで自由に発言ができ、その意見を会社側が吸い上げて新商材開発や業務改善につながっていきます。また、全力でチャレンジしたことに対しては、失敗しても許容してくれる会社ですので、新しいことにチャレンジしやすい環境です。

また社内の雰囲気はギスギスとしたところがなく、みんな仲が良いです。社長や会長が従業員と同じフロアで仕事をしていて、風通しが良いのも魅力ですね。

仲間のコメント

XX部

ほかの社員もみる

share!

expand_less