社員の声
2013年 中途入社

インタビュー

メディア価値を高めるために試行錯誤の日々

ビューティーメディア『美LAB.(ビラボ)』の運営チームのリーダーとして、PV、UUなどの数字の解析や改善提案、記事の編集、コンテンツアライアンス等の外部連携、デザイン、コーディング、システム要件定義、チームのマネジメントなど、多岐に渡る業務を担当しています。メディア価値を高めるために試行錯誤を続ける日々ですが、ユーザーのニーズを把握し、悩みや課題の解決につながる情報を提供できるように努めています。

また、『美LAB.』運営チームは私も含めて3名という少数精鋭で、それぞれが“自走”しています。チームをまとめる立場として、しっかりとコミュニケーションを取る機会をつくり、進捗状況の確認などの情報共有を行いながら、同じ目標に向かってぶれずに“並走”していけるように心がけています。

メディカルネットの武器は、“横と縦のつながり”

部署を横断した連携が柔軟にできる“横のつながり”はメディカルネットの強力な武器です。私が担当するメディア運営の他、SEO対策やホームページ制作に特化したチームがあり、お互いに協力し合う体制が整っています。仲も非常に良いですし、仕事のやりやすさを感じますね。また、横だけでなく、縦のコミュニケーションもとりやすく、上層部の考えや今後の方針などを意見交換できる機会もあるのでありがたいですね。

そして、歯科医療プラットフォームビジネスを展開しているため、業界的な強みもあります。歯科業界でも自費診療というニッチなところに踏み込み、今では歯科業界全体に関わるプラットフォームビジネスを展開し、成功事例が豊富な点も強みです。現在は歯科で行ったことを横軸で展開していくため、健康、美容、子育てといったジャンルでも徐々に進めています。

新規サービスの立ち上げに携わる貴重な経験

前職の制作会社では、エンドユーザーに直接関わることもなく、デザインとコーディングだけの知識を身につける日々でした。しかし、そんな毎日に楽しみを感じられなくなり、新たな刺激を求めてメディカルネットにジョインしました。

当初は明確なキャリアパスを定めずにあらゆることに柔軟にチャレンジしながら、自分の進む道を導き出そうと考えていました。そんな折に、『美LAB.』の立ち上げという絶好の機会をいただき、積極的にチャレンジしていけました。また、2017年には、アプリ開発のディレクターも経験。運営業務だけでは決して習得できない知識やスキルを身に付ける貴重な経験をいただきました。メディカルネットの仕事は、本当に刺激的なものばかりです!

ほかの社員もみる

share!

expand_less