社員の声

一日の流れ

インタビュー

現在の仕事内容

現在はデリバリースタッフの担当や、それとは別の内装関連の営業活動を行っています。派遣スタッフとの信頼関係を築くためにも、報告・連絡・相談をこまめに行う事を心掛けています。時には連絡だけでなく、直接お会いして話を聞くことで、画面越しには伝わらないスタッフの本音を引き出すことも大切です。口では「元気です」と言っていても、悩みが表情にあらわれることもあります。一人ひとりに寄り添い、安心して働ける環境を作れるよう尽力しています。

仕事のやりがいと心に残っているエピソード

入社してからは、世の中に対する視野が広がったと感じています。前職では事業主として店舗ビジネスを行っていたため、自身の店舗の収益をいかに上げるかという部分に注力していました。しかし、派遣ビジネスでは多くの業界業種の知識がマストだからこそ幅広い視野が必要ですし、勉強が欠かせません。世の中の動きや各業態の状況に精通する楽しさに気づけたのは、自分の中でも大きな進歩だと感じています。

また、取引先が求めている人材を紹介できたときは嬉しいです。仕事探しを手伝うことは、人生の大切な時間を預かることでもあります。貴重な時間を自分に頼ってもらえたという責任を持って、最高のマッチングを実現できた時の喜びはひとしおです。

仕事の大変さを感じたエピソード

私が当社に入ったのは、新型コロナウイルスが世間を騒がせていた2020年5月でした。企業が派遣の雇用をストップしていることもあり、入社当初はなかなか成果を出せず大変な日々が続きました。新規の営業を150件~200件と回しても、リモートワークを実施している企業が多く、営業すらできない事もしばしば。そんな中、社長から内装関連の仕事を提案したらどうかとアドバイスをもらいました。私はそのアドバイスをもとに実行し、ついには制約を決める事ができたのです。結果を出すまでは大変でしたが、できないことばかりを考えるのではなく、視点を変えて“できる方法を考える大切さ”を学んだ瞬間でした。

ラインズの魅力

社員同士の距離が近く、自由度が高いのが魅力です。自由だからこそ、自分で何をすべきなのかを考えながら仕事をすることができます。わからないことがあった際も周りのメンバーがサポートしてくれるので、率先して行動できる環境です。もちろんミスをしてしまう事もありますが、そういった場合でも決して否定的にならず親身に指導してもらえるので安心して働くことができています。

私にはずっと「人を助けるビジネスがしたい!」という思いがあるので、将来的には悩んでいる方のニーズに合ったサービスを提供できる存在になりたいです。そのためにまずは目先の業務を積み重ねて、完遂できるスキルを身に付けるよう、尽力していきます!

ほかの社員もみる

share!

expand_less