社員の声
2016年 新卒入社

インタビュー

古田土経営を選んだ理由

母が個人事業を営んでいることもあり、個人事業主や小さな会社を営む経営者に対して、何かお手伝いができる仕事に就きたいという思いで就職活動をしていました。そのなかで“日本の中小企業を元気にする”という理念に惹かれたからです。また、当社の説明会や面接を通じて“人を大切にしている”というワードが多く出てきました。当社はトップの人間がそれを目指そうと言っているだけはなく、それに賛同する社員が揃っている点に魅力を感じました。

古田土経営の魅力

小さなことでも上司や先輩が見てくださっているので、しっかりと評価につながることです。当社では毎月テーマを決めて、最も積極的に取り組んだ社員を社内投票で選出する「月間MVP制度」があります。

ある月のテーマが“自己改革”だったのですが、私にも何票か票を投じてくれた方がいました。私自身はアピールしていたわけでもなく、普段のように仕事をしていただけでしたが、そうした普段の姿を見てくれる人がいるという事実がとても嬉しく、モチベーションにもつながりました。このような仕組みや制度にとても温かさを感じますし、当社の魅力だと思います。

入社して変わったと思うエピソード

先日、先輩に「白川さんは最近、意識が変わってきたよね」というお話をいただきました。その先輩がおっしゃるには、以前の私は「自分の売上のため」「自分の給料のため」と、とにかく“自分のため”に働くという考えが強かったのが、最近は “誰かのため”に仕事をするようになったとのことでした。

「意識が変わった」と言われた理由を私なりに振り返ってみると、私を信頼してくださり、多くの仕事を会社が与えてくれたからだと思います。今後は、そうした経験を与えてくれたお客様や会社に恩返ししていきたいと考えています。

今後のビジョン

まずは社内の会計担当として見本となれる存在になりたいと思います。当社では2016年から「製販分離」を進めており、一人の担当者がお客様先訪問から社内での書類作成を一貫して行う従来のスタイルから、書類を作成する”製造”担当とお客様先へ訪問する”販売”担当を分ける新たなスタイルへの変革を図っています。

そこで私は「社内の会計担当の要になってほしい」と上司に任せていただきました。製販分離を成功に導くか失敗に終わるかは、私が見本になれるかどうかで大きく変わる。そのような使命感を抱き、その期待に応えることが現在の目標です。

ほかの社員もみる

share!

expand_less