ごあいさつ

株式会社 古田土経営採用サイト社員の声画像

日本には現在、約421万社の企業が存在します。しかし、そのうちの73%の企業が赤字経営です。そのような状況下で、私たちが経営を支援しているお客様の82%が黒字化に成功しています。

“日本中の中小企業を元気にする”

そんな熱き想いと使命感のもと、1社でも多くの中小企業に喜んでいただくために、私たち古田土経営は誠心誠意を尽くした経営支援を手がけています。

中小企業を元気にする秘訣。それは、私たち自身がよりよい会社づくりを実践するモデルであることです。“日本一!”と胸を張って誇れる当社の『経営計画書』『月次決算書』には、企業を元気にするエッセンスがたっぷりと詰まっています。特に『経営計画書』には社員たちがわくわくするような夢や希望に満ちた未来像が描かれています。

『経営企画書』『月次決算書』により、私たちは創業以来、30年超連続で増収増益中。20%を超える経常利益率は、士業コンサルタント業界でナンバーワンです。この成功モデルを軸に、お客様の経営改善を支援することが私たちの役割です。

そのような仕事の特性上、お客様に喜ばれる機会が豊富に訪れます。さらに、たくさんの経営者の支えとなり、企業やそこで働く社員たちの成長を間近で見ることもできます。そのため、圧倒的なやりがいも得られるでしょう。

また、当社が実践していることをお客様に提案するので、入社したばかりの新卒社員や中途社員でもすぐに“喜ばれる仕事”ができ、感謝の言葉もいただけます。お客様の「ありがとう」のひと言が成長の最大の源泉です。お客様に喜んでいただいている先輩の姿を見ることが、最高のOJTです。お客様に感謝される――それが、最高の教育になります。

もちろん、お客様に喜んでいただくためには、『経営企画書』『月次決算書』だけでは叶いません。まずは当社の社員たちが幸せであることが大前提です。コップの水が残りわずかな状態では、他人様にその水を譲るのをためらいます。それは当たり前の行為です。だからこそ、社員が幸せな日々を送り、コップの水が満ちた状態が続くように、当社は社員第一主義を貫いています。

不器用でも構いません。簿記や税金の知識がなくても問題ありません。私たちの考えに共感していただける方と一緒に、日本中の中小企業を元気にできる日を心待ちにしております。

代表取締役社長 飯島 彰仁

代表プロフィール

1975年10月24日、静岡県浜松市出身。上場会社が運営する店舗マネージャーの経験を経て、2005年に税理士法人古田土会計に入社。2012年に古田土会計グループの取締役部長に就任、同年には資格なし営業活動なし人脈なしで年間新規開拓1,309万円と経営計画書作成実績を評価され古田土会計グループ年間MVPに選出。2014年には第1回 会計事務所甲子園の大会実行委員長として業界史上最多となる1,600名の会計人の集客に成功する。2018年に代表取締役社長就任。経営支援を行う傍ら、セミナーも精力的にこなす。著書に『事業を継続させる 経営計画の立て方・活かし方(あさ出版)』がある。

share!

expand_less