社員の声
看護師

インタビュー

仕事内容

介護保険が適用されているご利用者様のお宅を訪問します。基本的に1件のお宅につき1時間ほど滞在し、体調管理や入浴介助、排便コントロールなど、ご利用者様に必要な処置を行います。1日に平均で3件ほどのお宅を訪問していますが、状況によって変動します。

やりがいを感じること

自分が看ている利用者様の状態が快方に向かうときや、訪問時のやり取りの中で「あなたが来るとすごく安心する」と言ってもらえた時は、やりがいを感じますし嬉しいです。ご利用者様だけでなく、ご家族の方から直接言っていただくこともあるんです。

仕事で厳しいと思うこと

基本的に一人で訪問するので、自分自身で対応処置を行わなければならないことです。本当に対応に迷ったら会社やスタッフ、またはドクターに連絡を取って指示を仰ぐことができます。しかし、実際に看ているのは自分なので、誰にどのように相談するか、ご利用者様やご家族にどういった説明をするかなど、責任はとても大きいです。

心がけていること

ご利用者様の多くは自分よりも年上の方です。そのため、言葉遣いなど接遇面に関しては失礼の無いように特に気を使っています。また、毎日同じお宅に伺うわけではないため、次回の訪問まで間隔が空いてしまいます。その間にご本人やそのご家族が不安なく過ごせるように、体調が悪化した時などの対応策をきちんと伝えるようにしています。

会社の魅力

周囲のスタッフのフォローが手厚く、安心して仕事ができることです。このステーションには看護師だけでなく、リハビリ専門の方やヘルパーの方も在籍しています。そのため、自分では判断に迷うこともすぐに相談できます。また、同じお宅に看護・リハビリ・ヘルパーといった各専門のスタッフが伺うこともあり、多面的にご利用者様のケアができます。そういった際の情報交換が誰とでもスムーズに行うことができるくらい、スタッフ間で良いコミュニケーションを取ることができています。

今後のビジョン

視野を広くして柔軟な視点で物事を予測して、自分の引き出しを増やしたいです。そうすることで状況に応じた細かい対応をすることができます。一軒一軒を丁寧に回り、ご家族やご本人に安心してもらえるよう、成長していきたいです。

ほかの社員もみる

share!

expand_less