社員の声

一日の流れ

インタビュー

具体的な仕事内容

現在は営業職として、新規/既存クライアントの拡大を任せてもらっています。人材にお悩みの企業様にお電話させていただき、人材の課題をヒアリングの上、マッチしそうな人材をご提案します。また、職場見学/面談/業務開始後のフォロー連絡等を始めとしたスタッフさんのフォロー対応も行います。クライアントとスタッフさんのマッチング業務は私一人ではなく、社内のコーディネーターと連携をしながら進めます。私が人材派遣業務に携わったのはジョブスが初めてですが、分業制度がしっかりと敷かれており連携しやすい社内雰囲気なので、とても働きやすいと感じています。

入社後に苦戦したこと

派遣会社ならではの部分かもしれませんが、クライアントとスタッフさんの中間に立つことの難しさを感じる場面が多くありました。スタッフさんの中には本当に色々な方がいて、たとえ無事に仕事が決まったとしても、当日にスタッフさんが出勤しなかったり、連絡が取れないといったケースも少なくはありません。そのような場合でも、クライアントとスタッフさんの中間としてやるべき仕事はたくさんあります。時には、スタッフさんが派遣先企業へ返却しなければならない備品を私が回収しに行くケースもあります。やるべきことはシンプルですが、最後まで任せてもらった仕事の職務を全うすることの大変さ、責任の大きさは今でも日々感じています。

仕事を通して感じたやりがい

クライアント・スタッフさん双方のオーダーをヒアリングし、スタッフさんにマッチしそうな仕事を紹介した時に、「Mさんが紹介してくれた仕事に就きたいです!」「良い仕事を紹介しれくれてありがとうございます」と直接言葉をもらえた時はすごく嬉しいですね。クライアント、スタッフさんの片方ではなく、双方にしっかりと寄り添わなければ真のマッチングはできません。だからこそ難しさはありますが、無事にクライアント・スタッフさんのベストマッチングが達成できた時はすごくやりがいを感じますし、この仕事をやっていて良かったなと思います。

ジョブスの魅力

「一緒に働く仲間同士の思いやり、気遣い」。ここがダントツだと思います!入社前は、派遣会社=営業とコーディネーター同士には距離があり、連携を取りづらいというイメージがありました。しかし、ジョブスでは良い意味でそのような垣根が全くありません。日頃の業務でも気軽に相談できますし、他愛もないコミュニケーションで思わず笑みがこぼれてしまうシーンもしばしば。時には、私が対応できていない提出資料を手伝ってくれたりする場合もあります(笑)助け合いとはまさにこのことなんだな、と思いますね。

今後のビジョン

今後はさらに上のポジションへ昇進し、自分の可能性を広げていきたいです。より多くのクライアントを拡大し、会社のメインクライアントを自ら開拓していきたいと思っています。そのような目標を見つけられたのは、身近で支えてくれ、そして背中で語ってくれる上司がいてくれるからです。少しでも早く昇進できるように、ミッション達成にむけて奮闘中です!先輩方の働き方を参考にしながら、日々スキルアップに努めています。

ほかの社員もみる

share!

expand_less