社員の声

一日の流れ

インタビュー

具体的な仕事内容

主に求人広告の管理・応募者対応を行っています。人材派遣会社にとって「人」は最も大切な資産なので、求人広告の管理業務はなくてはならない最重要事項です。重要度が高く責任が大きいからこそ、ミスなく丁寧に対応することを心がけています。また、今後は20代の若年層を対象とした正社員の人材紹介事業にも携わっていく方向です。これから始める人材紹介事業では、「正社員登用」を目的としてレギュラーワークを紹介することをコンセプトとしています。安定した仕事に就けずに悩んでいる若手の方々の助けとなれるような事業の実現を目指していく方向です。

支えられたエピソード

ものすごくたくさんあります(笑)。ジョブスへ入社する前から人材業界で数年間働いていたのですが、前職で私の先輩・上司にあたる方々も一緒にジョブスへ入社しました。皆さんが当時の未熟だった私のことを知っているので、「あの頃よりもずっと成長したね」「考え方が良い方向に変わったね」「組織の雰囲気がすごく良いね」といった言葉をもらえるのがすごく励みになります。当時の先輩・上司の方々が今も近い場所にいてくれることは私の大きな支えになっています。

入社後に苦戦したこと

初めて部下を持つ経験したことです。マネジメントに携わる立場を任せてもらった際、「精一杯頑張ろう」という意気込みで挑んだのですが、「一人ひとりの考えや意見を尊重したい」という気持ちと「会社は学校じゃない、厳しく指導することも大切」という二つの気持ちで葛藤していました。部下の性格や考えをふまえて、どんな伝え方が一番上手く伝わるのか。相手のためになるのか。今でも模索し続け、考え続ける日々です。日頃から部下と接する際は「自分本位にならず、相手目線に立つこと」を心がけています。

仕事を通して感じたやりがい

これまで部下を持ったことがなかったので、部下を指導するポジションに立っていること自体が大きなやりがいに繋がっています。私が所属する部署は正社員だけでなくアルバイトのメンバーも多く、一人ひとりの目標設定をどこにするのか?と考え続ける日々です。ひとえに目標と言っても、一人ひとり考え方もライフスタイルも違うからこそ、100%の正解はありません。一人ひとりの価値観を尊重するマネジメントを心がけています。チームのみんなが働きやすいような雰囲気づくりを心がけたことで、「部署の雰囲気が好き」「Nさんの部署で働きたい」と言った言葉をもらえる場面も増えました。実は私、元々はキツイ性格だったんです。だけどリーダーとして、それだけじゃダメなのかな?と思って、自分を変えました。努力をして本当に良かったなと思いました。

ジョブスの魅力

役職の上下にかかわらず、非常にフランクであたたかい社風が根付いていることです。新しく入社した方にも非常にウェルカムで、新しく入社した方からは「こんなにフランクに接してくれるなんて思っていませんでした」と驚きの言葉をいただくほどです。上司との距離も非常に近く、相談しづらい、意見を言いにくいといった風通しの悪さはまったくありません。一人ひとりの考え・アイディアにしっかりと耳を傾けてくれるスタンスが自然と浸透していますね。また、様々な働き方を受け入れてくれるところもジョブスの好きなところです。一人ひとりの価値観や人生設計に合わせた働き方を相談できる環境だと思います。中には退職を決する方もいらっしゃいますが、ジョブスは様々なグループ会社があるので、ジョブスを退職した後もグループ会社で別の働き方を相談できる点も魅力だと思います。

今後のビジョン

今後は、一人ひとりにとって本当に働きやすい環境づくりを体現していきたいです。特に、女性が長く活躍できる環境をつくっていきたいですね。出産・育児というライフイベントを迎えて一時は仕事を離れなければならなくなっても、いつか現場に安心して戻って来られるような文化を築いていきたいです。私も結婚を機に、仕事・生活への向き合い方について考える機会が増えました。女性が長く安心して働けるような文化づくりのために、まずは私が働く女性のロールモデルになりたいと思っています。

ほかの社員もみる

share!

expand_less