社員の声
2012年入社

運営部 シニアスタッフ

インタビュー

レストランで幅広い業務を担当中

2012年の入社以来、レストラン業務をメインに携わっています。現在は入り口でのお客様案内やお会計などのエントランス業務、店内での接客業務、バーカウンターに入ってお酒やカクテルを作るバー業務など、幅広い業務を担当しています。

また、当ホテルでキャリアを積んできたなかで、キッチンへの異動や5つ星ホテルでの外部研修など、とても貴重な経験をさせていただきました。さらに、資格取得支援制度を利用して調理師免許や自衛消防、日本酒の唎酒師の資格を取得。いずれもホテルで働くうえでたいへん役に立つものですし、ホテルに携わる人材として一歩一歩成長できていることを実感しています。

5つ星ホテルでの研修で感じたこと

会社が用意してくださった研修の場所は、世界有数のトラベルガイドで3年連続5つ星に格付けされた一流ホテルのフレンチレストランでした。もともとフレンチで働いてみたいという希望もあったので、お話を受けた時は飛び上がるほど嬉しかったですし、二つ返事で即答しました。

およそ半年の研修期間では、本当にたくさんのことを学ぶことができました。店内を流れる時間のスピードや客単価など異なる部分が多く、サービスに対する考え方や視点は大きく変わったと思います。時には国賓クラスの方や国会議員の方などがご来店することもあったので、本当に良い経験になりました。

ホスピタリティの高さがザ・ゲートホテルの魅力

以前、あるお客様からご予約を承ったのですが、急な特別オーダーだったため最初は丁重にお断りしたんです。すると、そのお客様の表情はみるみるうちに暗くなり、見ているこちらも気の毒になるほど落ち込んでしまいました。そこで、よくよくお話をうかがってみると、入籍の記念に当レストランをご利用したいとのことでした。

このお客様のために、なんとかしたい!

そんな想いが一気に芽生え、インカムを通じてすぐに時間帯責任者に相談。特別にご予約を承ることができました。このような提案をどんどん出して、対応できることがザ・ゲートホテルで働く一番の魅力だと思います。特に、私たちはインカムで情報をリアルタイムに共有できるので、お客様のためになるアイデアをすぐに提案し、行動に移すことができます。これが当ホテルのホスピタリティを高めている要因のひとつです。

ちなみに、そのお客様がご来店いただいた時にある事実が判明。なんと旦那様が仕事の都合ですぐに渡米してしまうため、一緒に暮らせるのは2年後になってしまうとのことでした。お二人にとって貴重なひと時を当レストランで過ごしていただき、喜んでいただけたときは、「お客様のために!」という想いを行動に移せる環境で働けて、本当によかったと感じました。

「美味しくない」と言われて1年。信頼を取り戻すチャンスが!

バーカウンターでカクテルを作ってご提供した際に、ある常連のお客様から「美味しくない」とバッサリ言われてしまったことがありました。「もう1杯作らせてください」とお願いしたのですが、「いや、もういいよ」とお帰りになられてしまったんです。そのカクテルは常連様がこよなく愛し、かれこれ30年以上飲み続けているとおっしゃっていたものでした。その時はお客様の期待に応えられず、ただただ申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

そして1年後、なんとまったく同じシチュエーションが訪れたんです。そのお客様が数杯お酒を飲まれた後に「じゃあ、最後にこれを」とあのカクテルを注文。1年前のあの時以来、悔しくて練習してきたことを精いっぱい発揮した結果、「うん!とても美味しい」と満面の笑顔で喜んでくださったのです。

ザ・ゲートホテルではお客様に喜んでいただくために、あらゆるサービスを提供します。うまくいかずにつらい思いをするときもありますが、その先には必ず大きなやりがいを得られる瞬間があります。これからもお客様の“喜びの声”を追い求めていきます!

ほかの社員もみる

share!

expand_less