ごあいさつ

ヒューリックホテルマネージメント株式会社採用サイト社員の声画像

今年、ゲートブランドに新しい仲間が加わります。7月にはザ・ゲートホテル京都高瀬川が開業を迎え、嬉しいことに沢山のお客様にお越しいただいております。また、11月12日にはザ・ゲートホテル両国が続いて誕生します。新たなゲートホテルの歴史の幕開けです!!

ホテルには、大宴会場や多様な店舗が入ったシティホテル、宿泊特化型のビジネスホテル、非日常を体験するレジャーホテルなどがあります。それぞれに特徴があるなかで、私たちが作り上げているのが「ゲスト一人ひとりを大切にする」ホテルです。2012年8月にオープンしたザ・ゲートホテル 雷門の客室総数は134室、ザ・ゲートホテル 東京は164室、今年開業を向かえるザ・ゲートホテル 京都高瀬川は184室、ザ・ゲートホテル 両国は124室いずれも客室の数を少なく設定しているのは、一人ひとりのゲストに対するホスピタリティを何よりも大切に考え、サービスクオリティーを限りなく高めるためです。

もちろん、それだけでは世界一には到底届きません。ザ・ゲートホテルが世界一になるための最大の強み――それは、ホテル業界では不可避とされている“部門間の壁”を全面的に取り払っていることです。



ホテルに勤めた経験のある方なら思い当たる節があると思いますが、ホテルという職場は部門間の軋轢がとにかく起こりやすい空間です。フロント、レストランサービス、キッチン、ルーム清掃などの各部門の分業体制が確立され、部門同士のコミュニケーションがほとんど生まれないので仕方のないことかもしれません。しかし、それではお客様一人ひとりに感動を与えるサービスをご提供することは、きっとできないでしょう。

ザ・ゲートホテルでは、「マルチタスクメソッド」と「インカムによる部門横断的な情報共有」により、“部門間の壁”を徹底的に排除しています。そのため、フロント、レストラン、キッチンの各部門の基本的な知識を身につけたマルチジョブスタッフを中心に有機的に連携し、他のホテルにはないサービスを提供できます。また、一般的なホテルならゲストを30分ほど待たせてしまうような対応を、私たちであればわずか3分で対応することも可能です。この部門間の連携が生むホスピタリティあふれるサービスと、圧倒的なスピード感で、お客様一人ひとりの感動にコミットしております。

そして、部門間の連携が生まれる風通しのよいホテルは、スタッフにとっても非常に働きやすい空間となるはずです。例えば、フロントでゲストから頂いたグッドコメントは、部門を超えて全社的に共有されます。ひためいたアイデアが他部門を巻き込まなければ実現できないものだったとしても、必ず協力してくれます。部門間の壁がない職場環境は、ホテルで働く方にとってたいへん居心地のよい空間になるはずです。

私たちが目指す世界一のホテル。
それは唯一無二のホテルであり、世界一働きやすいホテルなのです。


ザ・ゲートホテルが求める人物像

先ほど述べたとおり、ザ・ゲートホテルでは1人のスタッフが複数部門の基本的なスキルを有する「マルチタスクメソッド」を導入しています。これは、生産性向上や人件費削減を目的としたものではありません。ゲストに感動を与えるサービスを提供するための仕組みです。

たとえば、フロントでお客様をお待たせする際、フロント担当がそのままレストランへご案内し、自らがラテを作ってお出ししたらどうでしょう。おそらく、ゲストは感動してくださるはずです。他のホテルではなかなか考えづらいことかもしれませんが、これはザ・ゲートホテルでは日常の光景なのです。

ザ・ゲートホテルにぜひ入社していただきたいのは、この「マルチタスクメソッド」に共感できる方です。ザ・ゲートホテルでは新卒社員の方にはジョブ・ローテーションとして、フロント、レストラン・キッチンの各部門を一周していただきます。その際、「なんで全部をやらなきゃいけないの?」と嫌がらず、それぞれの部門で培ったスキルがいずれお客様に感動を与える武器になる、と捉えていただける方と一緒に働きたいと思います。

そして、入社後は笑顔が絶えない日々を送りましょう。“仕事は楽しく”が私たちの信条ですので、お客様に感動を提供することを心から楽しみながら、仕事に向き合っていただければ幸いです。

総支配人一同

総支配人プロフィール

THE GATE HOTEL 雷門 by HULIC
竹内 英之
1971年千葉県生まれ。シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルを経て、2012年にヒューリックホテルマネジメント株式会社に入社。運営部アシスタントマネージャーとしてTHE GATE HOTEL 雷門 開業準備室に入社。THE GATE HOTEL 雷門、東京 の開業に携わり、2020年8月にTHE GATE HOTEL 雷門の総支配人に就任。座右の銘は「温故知新」(故きを温ねて新しきを知る)。
ザ・ゲートホテルが大切にしていることは、“人とのつながり”。
お客様はもとより、スタッフ皆様とのつながりも大切にし、開業から今まで培ってきたザ・ゲートホテルの本質を忘れず、皆様と一丸となり、より進化したホテルを築き上げていきたいと思います。

THE GATE HOTEL 東京 by HULIC
木村 欣央
1971年千葉県生まれ。シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルなどを経て2011年にヒューリックホテルマネジメント株式会社に入社。THE GATE HOTEL 雷門 にてレストランマネジャーを経て、2018年10月に同店舗の総支配人に抜擢。続いて2020年1月には基幹ホテルであるTHE GATE HOTEL 東京の総支配人へ。座右の銘は「Now or Never(やるしかない)」。本当の失敗は挑戦しないことであると肝に銘じ、CS(顧客満足度)、ES(従業員満足度)の向上に挑み続ける日々。

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULIC
善方 健
1971年神奈川県生まれ。ザ ロイヤルパークホテル アイコニック 東京汐留などを経て2018年にヒューリックホテルマネジメント株式会社に入社。THE GATE HOTEL 雷門、東京にてフロントマネジャーを経て、2020年3月に関西初出店となるTHE GATE HOTEL 京都高瀬川の総支配人に抜擢。「One for all, All for one」(一人はみんなのために、みんなは一つの目的のために)と「Guest first」(お客様最優先)をスローガンにこのホテルならではの特別な体験を、皆様と共に未来につなげていきたいと思います。

THE GATE HOTEL 両国 by HULIC
伊藤 美紀
1972年北海道生まれ。シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル、フロントマネージャーを経て2016年にヒューリックホテルマネジメント株式会社に入社。雷門・東京両店舗のフロントマネージャーを経て、2020年1月THE GATE HOTEL 雷門 の総支配人に就任。そして、今回、今秋開業予定のTHE GATE HOTEL 両国の総支配人として着任予定。ゲートホテル初の女性総支配人として活躍に注目。大切にしていることは「思いやり、責任感、具現化」。

expand_less