社員の声
2017年新卒入社 介護福祉士

インタビュー

仕事内容

食事介助、排泄介助といった身体介助に加え、リハビリの軽体操を行う部門を担当しています。リハビリための先生の指導に則り、腕を動かしたり、肩の体操をしたり、足に重りをつけて動かしたりといった運動を行う部門で、利用者様のサポートをしています。

心がけていること

利用者様とのコミュニケーションの取り方には気を使っています。ちょっとした言葉のニュアンスの違いで、こちらが伝えたい内容と違った解釈をする方もいらっしゃいます。その方が言われて嬉しいこと、嫌なことを常に考え、利用者様が笑顔になってくれるように会話をすることを心がけています。

仕事の大変さ

介護職は重労働なので、肩や腰を痛めてしまうおそれもあります。実際私も働き始めて間もない頃、体を痛めてしまったことがありました。しかし、それをきっかけに自分の生活環境を見直し、リハビリの先生に体を痛めない方法を聞いたり、運動をしたりして改善することができました。体を痛めなければ改めて自分の生活を見直すこともなかったと思うので、良いきっかけになりました。

仕事の楽しさ

サービスセンターには、様々な利用者の方がいらっしゃいます。その方たちから、たくさんのお話を聞けることが楽しいです。高齢者の方たちは、今まで多くのことを経験されています。昔の仕事の話や思い出話、ちょっとした豆知識など、他愛のない話ができるのがこの仕事の楽しさであり、魅力だと思います。

施設の魅力

当サービスセンターは、他の施設と比べても大型で、身の回りの一部だけにサポートが必要な“要支援1”の方から、介護がなければ日常生活を送るのが困難な“要介護5”の方まで、幅広い利用者様がいらっしゃいます。そのため、利用者様一人ひとりに適した介護を行う必要があるので良い勉強になりますし、一度に多くの方を見ることになるので、適応力や対応力を身に付けることができます。

ほかの社員もみる

share!

expand_less