社員の声
2017年入社

インタビュー

IT業界を志したきっかけ

実は私が通っていた大学の学部が神職さんを養成する学部でしたので、女子なら巫女さん・男性なら神職さんの道に進む人が多いのですが、将来働くことを想像した時に自分自身のスキルが目に見える技術職に惹かれました。また、私の母が結婚前にSEをやっていたこともあり、思い浮かんだのがSEでした。

そこからIT業界について本格的に考え始め、どのような仕事なのかを調べて勉強していました。実際にプログラミングについてや技術的な部分は入社してから覚えていきました。

サイプレス・ソリューションズを選んだきっかけ

文系でも安心して挑戦できる会社が良いと思っていました。企業を調べてみると文系でも歓迎してくれる企業はたくさんあったのですが、当社は様々なシステムに携わることができ、選考時にも面接官が私の話を真剣に聞いてくれ、会社のことも包み隠さず話してくれたので、とても印象に残り、魅力的だと感じたことが決め手となりました。

また拠点数も多く、成長企業としての魅力もあり、大学は東京に通っていた私ですが、就職は地元の宇都宮に戻りたいと思っていたので宇都宮支店での勤務を希望したところ、要望を聞いていただき、とてもありがたいと思いました。

研修について

研修では初めて耳にする単語も多く、日々勉強になりました。『アルゴリズム』という一単語においても、紙面上での研修ではなく、実際にグループワークをしながら、ユニークに研修をやってくださっていたので、体感しながら楽しく研修を受けることができました。

文系の方からすると、なんだろう?と思うIT用語も多くあるかと思いますが、身近なものに例えながら、わかりやすく説明していただいたので、研修を受けてこれから働くことにワクワクしました。

また、周りの先輩方も質問すると、すぐに答えてくれたので、このような先輩方がいる会社で仕事に励み、私自身も頼られる先輩になりたいと思いました。入社後は宇都宮支店で研修を行いながら、案件にも同時に携わることができ、成長スピードが早かったと思います。

大変だったこと

研修で教わった内容と実務の中での言葉や単語が、始めはなかなか結びつかず、相手の言葉を理解するのに時間がかかってしまったことが最初に感じた課題でした。その課題を少しでも早く解決するために、わからないことは常にメモをとり、自分で調べてわかることは、反復練習をして理解を深めました。

どうしてもわからない部分は先輩に教えていただきながら、復習を心がけることで、次にその単語を聞いたときはすぐに理解できるように意識しました。

今でも業務知識の面で出てくる特殊な用語はわからないこともあるので、「次の問題がきた!」と楽しみながら取り組んでいます。今後の仕事の幅を広げていくためにもまだまだ勉強したいなと思います!

やりがいを感じた瞬間

プログラムが正しく動いたときはやっぱり嬉しいですね。難しいプログラムを完成させ、きちんと動いた時に、「ちゃんとできているね」と先輩に評価していただいたときがとても嬉しく、入社1年目の終わり頃、先輩に、「早く正確にできるようになってきたね」と言っていただけたことが印象に残っており、私の原動力にもなっています。

来年は後輩が入ってくるので、私が先輩から教えていただいたように、わかりやすく、相手が理解することを楽しめるように教えていきたいなと思います。今行っていることを教えるのはもちろん、私の仕事も開発とテストだけではなく、設計の方にも携わっていきたいなと思います。

学生の方へのメッセージ

わからないことでも、前向きに取り組む姿勢さえあればできる分野だと思います。選考の中でも相談し、自分自身と向き合える場があるので、この場所でこんな仕事をやりたいと強く思える会社を見つけてほしいなと思います。その中で当社を選んでいただいた際は、私がしっかりと教えられるよう待っていますね!(笑)

ほかの社員もみる

share!

expand_less